リサイクルショップ〜シリーズ14 コンビニ強盗〜

中編5
  • 表示切替
  • 使い方

リサイクルショップ〜シリーズ14 コンビニ強盗〜

俺の名前は「皐月 未来」

コンビニで働き始めて、五ヶ月が経つ…

不思議な客が多いので、退屈はしないが、どうも接客というのは上手く出来ない。

nextpage

「なんだこりゃ⁉︎コピー機が壊れてんじゃねえか!!」

nextpage

アロハシャツに短パン、サングラスにリーゼントと言った、ちょいワル親父ならぬ、ちょいワル兄さんが、コピー機を蹴っている…

いや、あんたが壊そうとしてるんだよ…

nextpage

「お金…入れました?」

nextpage

仕方がないのでそばに行き聞くと、ビックリしたような顔をして

nextpage

「な…なに?金が必要なのか?」

nextpage

と貧乏人のような事を言った。

nextpage

「そこにやり方書いてあるんで…まず、お金を入れていただいて…その後…」

nextpage

「文字くらい読めるわ馬鹿!……えぇと…っ!!

なにをぉ!?カラーは一枚だけで、こんなにするのか?…くっ…そ…あのババァぼったくってやるからな…」

nextpage

などと、独り言をブツブツ言いながら、恐る恐るコピー機のボタンを押していた。

壊されやしないか見ていると、他の客がそれをいい事に万引きを働こうとしている…

nextpage

「お客さん…それ、お金払っていただかないと持ち出せないんです。」

nextpage

すると、

nextpage

「そ…そんな事知ってるよ…今外で仲間が居たもんだからさ…ほら」

nextpage

言い訳が酷すぎる…さっきから外に歩いているものなど、いない…

更に、胡坐(あぐら)をかき立ち読みならぬ胡座読みを試みる輩がいる…

くつろぎすぎだろ…

普通に買い物をしているのは、このコンビニの常連のリサイクルショップの店主くらいだな…

弁当とお茶を手にレジに来て

nextpage

「温めは要らない…箸もね…」

nextpage

と、紳士な感じ。

この人、誰かに似てる…

nextpage

『なんとか… 聡(あきら)』

nextpage

なんだっけ…?

ルージュの指環って歌、うたってる俳優なんだけど…

喉の辺りまで出かけてるのに…

忘れた…

明日、姉貴にでも聞いて見よ。

そんな事を考えてる隙に、さっきの万引き野郎が本当に万引きをしやがった…

咄嗟に

nextpage

「あっ!お客さん!?お釣りお忘れですよ!」

nextpage

と言ったら、止まった…

馬鹿だこいつ…

しかし、何なんだここのコンビニは…

nextpage

--------------------------------

夜、11時を過ぎた頃、仕事もそれほど忙しくもないので、ぼうっとバカみたいな客達を眺めていると、そこに奇抜な格好の輩が乱入してきた…この表現が一番適している、客とは言えない人物…

ヘルメットは被ったまま…

夏だというのに黒ずくめの長袖…

ファッションがなんとも、分かりやすい。

強盗に間違いないだろう…

nextpage

「うっ…動くなぁ!」

nextpage

と、俺にナイフを突き付ける…

(やめてほしい。先端恐怖症なんだよ…)

nextpage

「かっ…金を出せ!」

nextpage

動かないでいると…

強盗は、意味の分からない事を言う。

nextpage

「おっ…お前…なっ…なに落ち着き払ってんだ?ここっ…これが見えないのか!?かっ…顔色一つ変えねぇとは、いっ…いい度胸だな!」

nextpage

ナイフを揺すり、自分の有利を主張する…

俺は落ち着き払ってなんかいない…

結構、顔だって引きつってると思う…

それに、金を出せと言われたが、先に動くなとも言われている…だから動かない…ただそれだけ。

その前に、この強盗…

店に入る時に、世からぬ者も一緒に連れてきている…

ソレは彼をジッ…と見つめたまま、ユラユラと、佇んでいる…

なぜか分かるのだが、彼(強盗)に取り憑いているものじゃない…

下手に動けば、こっちに乗り換えるやもしれない…

余計に動けない…

nextpage

--------------------------------

俺には霊が見える。

しかもはっきりした形で…

小さい頃からなので気にはしていない…

見たくはないけど見えるものは仕方が無い。

普通にその辺を歩いている者や、下手をすれば話しかけてくる者までいる…

nextpage

強盗と一緒に来たやつは、冬の装い。

グリーンのスタジャンにジーンズ…

カラフルな手袋、それにマフラーを着けている…

服は所々破け、左肩から腕にかけて真っ赤な血で染まっている…

頭は、頭蓋骨が剥き出しになり、左目が飛び出している…

事故により亡くなった者と推定された。

裏で休憩していた先輩が、監視カメラのモニターを見たのか、恐る恐る出てきた。

しかし、何やら不思議そうにしている…

レジ台に隠れるようにヒソヒソ声で声をかけてきた。

nextpage

「おい…二人じゃないのか?」

nextpage

カメラにもあいつが映っているのか…それほどハッキリ映るということは、だいぶ念が強い悪霊のようだ。

何と無く、強盗の方はどうでも良くなったので、冷静になれた…

レジを開ける。

万札の入っているところだけ鷲掴みに札を取り、強盗に渡した。

強盗はというと、あたふたと札を受け取り、慌てた様子で出て行く…

だが…

おい…

悪霊ちゃん…

ついて行かないの?

何でそこでぼうっとしてるの?

行きなよ…

行かない?

あっそう…

どうしたものか…

出て行った強盗を見送るように、その場で立ちすくんでいる…

先輩は、ホッと息を一つつき

nextpage

「怖かったぁ…店長に電話しなきゃな…なぁ!どうしたの?」

nextpage

などと、呑気なことを言っている…

強盗なんかよりも、こいつのがやばい…

出来れば、俺には憑いて欲しくない。

先輩なら、鈍感だし大丈夫だろう…

などと、悪いことを考える。

しかし、何て事だ…

こっちを見ている…

恨めしそうに…

俺の「見える」ことに気がついてしまったらしい…

nextpage

「先輩?俺の前に立ってもらえます?」

nextpage

「は?何で?」

nextpage

つべこべ言わず立ってくれ…

こいつ…俺に取り憑くつもりらしい。

悪霊の身体がこちらを向く…

早くしろ!

先輩には悪いと思いながらも、叫ぶようにせがんだ…

nextpage

「早くしてください!!時間がないんです!」

nextpage

いつも静かな俺が叫んだので驚いたのか、分かったよ…と前に立つ。

nextpage

………

間一髪だったようだ…

先輩が先輩じゃ無くなっている…

何故か、そのことが分かる…

nextpage

「どうして、成仏しないの?」

nextpage

こういう時は冷静な対処が不可欠だ。

先輩の顔をした悪霊が喋る…既に先輩の声とは別物だ…

nextpage

「彼女が…待ってる…」

nextpage

なるほど…女の所に行く途中、事故で亡くなったのだな…

nextpage

「大丈夫…彼女なら君の事をすでに迎えに来てるよ…」

nextpage

俺は既に、葬儀も済んでる事を見越して発言している。

nextpage

「え?どこ?直子?どこ?」

nextpage

知らねえよ…兎に角、店から出て行ってくれ…

思いが通じたのか…出口に向かう。

ホッと一息つく…

と…

nextpage

「皐月…てめえ、ぜってぇぶっ飛ばす…」

nextpage

と、先輩の声で言われた…あれ?

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
9684
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ヘイ、ロビン!秋の暮れだ…そう言ってもらえると嬉しいぜ!なんちゃって…えへへ(照)

やあロビンミッシェルだ。

調べたら「ルビーの指環」だったよ!
中途半端な指摘をしてしまって申し訳ない…

このシリーズは全てが繋がっていて面白い。
描写に嫌味もなく読みやすいし、才能が羨ましいよ。また次も楽しみにしている…

ロビンミッシェルさん、その通り!ご名答!あれ?字そっちだっけ?ウチにあるレコードには『ルビーの指環』ってなってたけど…

やあロビンミッシェルだ。
作中に出てきた「ルージュの指環」とは
もしや寺尾氏の「ルビーの指輪」ではないかな? 間違ってたらすまん!