短編1
  • 表示切替
  • 使い方

電話予約

これは俺の祖父母が

実際に体験した話ッス

nextpage

俺の祖父母は旅行好き

六年前の夏も祖父母は祖父の定年退職祝い(?)

で東北の方へ二人で旅行しにいっていた

ホテルは事前に電話で予約をしていた

声の綺麗な女性が対応してくれたそうだ

nextpage

カーナビ付きの車で出発

カーナビにホテルの電話番号を入れ

目的地に設定

カーナビを頼りに高速道路を走る

nextpage

高速道路をおりて一般道を走り始めると少し田舎っぽくなってきた

ホテルに近くなってくると日が沈み始めている

nextpage

ホテルに着いた

…が、人の気配がしない

駐車場に車を停車し正面玄関に二人で行くが

誰もいない

外観も近付いて見てみるとボロボロで

どうみても廃墟

nextpage

車に戻りカーナビを確認しても目的地はあっている

メモしていたホテルの電話番号をもう一度入れ直すがやはり目的地はここだ

ホテルの電話番号に電話をかける

『只今おかけになった電話番号は現在使われていません』

nextpage

その後、急遽別のホテルを探し予約無しでなんとか入れてもらったそうだ

nextpage

旅行を満喫し無事に帰ってきた祖父母は笑いながら俺にお土産を渡しながらそんな話をしてきた

そのホテルにしようと言った祖母は

「何処でそのホテルの電話番号を知ったか覚えてないのよね」

だそうだ

Normal
閲覧数コメント怖い
67720
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

kkさん
コメントありがとうございます!!
確かによくある話ですよね、俺も最初は半信半疑だったんスけど、祖父がいきいきと話すもんでw

祖父母はあまり怖い話が好きじゃないので、不思議な話としてきかされました、旅先での一部の思い出的な感じらしいッス

少しでも怖さを感じでいただけたのは嬉しいです(*´∇`*)

どこかで聞いたことある話ですが祖父さん祖母さんも体験されたんですね。
本当にある都市伝説みたいで少しですが怖さを感じました。