短編2
  • 表示切替
  • 使い方

目を瞑って4

wallpaper:645

 廃村になった故郷、そのために廃線になった電車。今考えれば、電車がなくなったことで村が廃れたのかもしれない。小夜子と初めて会った六年前。大学生活が身体に馴染んだ頃、父親と妹の希沙は俺のアパートにやってきた。全てを売ってきた、もう何もない。そう言った父親の目はあまり見えていないと希沙が付け足した。

「アパート、空き部屋ないかな?」

 希沙は一緒に住もうとは言わなかった。

「明日、聞いてみるよ。このアパートはワンルームだから。不動産屋に行こう」

 その晩はワンルームに無理矢理三人で寝た。少し寒かったが仕方ない。冬場でないだけ、よかったかもしれない。

 次の日、不動産屋を巡り、安いアパートに二人を案内した。俺のアパートから歩いて五分くらいの所だった。

 希沙は俺を心配してか、よく泊まりにきた。くだらない昔話をしては、ふわりと笑って帰っていった。

 ある講義のとき、小夜子が隣に座った。小夜子はヤバイ、なんて噂は俺まで届いていたが、気にしたことはなかった。小夜子は俺を見ると一つだけ質問した。

「昔話って、昔々って始めなきゃいけないの、知ってる?」

 記憶がフラッシュバックする。

 昔話ってのは、あってもなくても、あったことにして、聞かないとならない、だから、昔々、で始まって、だとさ。で終わる。そう言ったのは母親だった。

「知ってるよ」

「そう。よかった」

 小夜子はにこりとするとハンカチを差し出した。

「え」

「明日、出席カード、出してくれない? ハンカチはそのお礼」

 講義が始まってしまい、ハンカチを返しそびれた。

 その夜から希沙は泊まりに来なくなった。

.

Normal
閲覧数コメント怖い
27400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ