短編2
  • 表示切替
  • 使い方

霊道が通る家

初めての投稿なので、誤字脱字があるかもしれませんが、宜しくお願い致します

nextpage

私が元旦那とまだ結婚してる時のことです。

当時住んでいた元旦那の実家で、チビが生まれて数ヶ月経った頃、夜中にふと目が覚めて、隣で寝ているチビの様子を見て再び寝ようとした時に、外でサイレンが鳴っている事に気付きました。

しかし、そのサイレンが火事等のサイレンではなく、ドラマ等で聞いた事のある空襲警報でした

nextpage

怖くなり布団に入り震えていると、今度は部屋の壁の外側を誰かが歩く音がしました。

二階の部屋の壁の外側で人が歩くはずがないんです。

壁の外側は何もなく、下に落ちてしまうんですから・・・

nextpage

更にガタガタ震えていると、一階から私の名前を呼ぶ声がするんです。

でもね・・・一階の部屋には義父&義母、義兄&義兄嫁が寝ているけど、私をこの人たちが呼ぶはずがないんです。

何故かと言うと、一階の部屋に寝ている人たちと仲が良く無かったというか嫌いだったから・・・

何故かわからないけど、好きになれなかったんですよね

nextpage

結局朝まで眠れず、起きた旦那に夜中の事を話したら、実はこの家は霊道が通っていて、以前霊能者に霊道をずらしてもらった事があると言われ、その霊道が戻ったんじゃないかって・・・

旦那に、長男(私の連れ子)とチビを連れて暫く実家に帰るからと言い、約一週間実家に居て戻ったんですけど、それでもやっぱり嫌だったので、同市内の一軒家を借り引っ越しました。

nextpage

旦那の実家から連れてきたのか、元々この借家が建ってる土地が悪いのかわからないけど・・・旦那と離婚した今でも、ちょくちょく霊的な体験はしております・・・

nextpage

グダグダで何が何だかわからない内容ですが、読んで頂けると嬉しいです。

Normal
閲覧数コメント怖い
4011
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

おはぎさん

怖いをつけて頂きありがとうございます<(_ _)><(_ _)>ペコッ

今後とも宜しくお願い致します