中編2
  • 表示切替
  • 使い方

季節外れの蚊

ブーーーン

ブーーーン

鬱陶しいな

耳元で虫の羽音が聞こえる

まだ5月だというのに、もう蚊がいるのだろうか

nextpage

俺は蚊を追い払おうと手を振った

それでも羽音は消えない

電気を付けようとしたが、眠い

動きたくない

nextpage

仕方なく、布団を頭から被った

これで少しはマシになっただろう

少し暑いが、眠るまでの辛抱だ

眠ってしまえば、蚊の羽音なんて気にならないのだから

nextpage

ブーーーーーーーーーン

ブーーーーーーーーーン

ブーーーーーーーーーン

あーーー、うるさいなー!

布団の中に入っちまったのか

殺虫剤は押入れの中だ

俺は仕方なく電気を付けた

nextpage

うわああああああああああああああ

部屋中には、数え切れないほど多くの蚊がいた

数百、いや、数万はいる

それに俺の体にも皮膚が見えないくらいびっしりと蚊がとまっている

俺は必死で蚊を追い払おうと体をよじった

nextpage

のいてくれ

キモいんだよ

死ねよ

死ね

死ね

死ね

nextpage

俺は必死で叩きまくった

狂ったように蚊を叩き続けた

そこらじゅうに、俺の血を吸った蚊の死骸が飛び散る

俺の血も飛び散る

それでもなお、蚊はいる

死ね

死ね

死ね

死ね

死ね

nextpage

蚊はどこからともなく湧いてくる

殺しても殺しても俺の周りは蚊だらけだ

息が上がってきた

もうおかしくなりそうだ

nextpage

そうだ

殺虫剤があった

俺は急いで押入れを開けた

殺虫剤は押入れの奥にある

俺は仕方なく手前にある工具箱とブルーシートをのけた

殺虫剤があった

これでどうにか俺の体に付いた蚊は殺せる

nextpage

俺は殺虫剤を自分の体に吹き付けた

途端に身体についていた無数の蚊が下に落ちていく

清々する

嫌なものは殺せばいいんだ

あの女みたいに

nextpage

俺はちらっとブルーシートの方を見た

異臭を放つそれが気になり、開けてやりたくなった

もう2ヶ月になるか

そろそろ骨になってるだろうか

nextpage

俺はブルーシートを包む紐をほどいて、中身を見た

そこには、腐って、液体となった死体があった

そして、その水面にはびっしりとボウフラが浮いていた

nextpage

死体は栄養があるからだろうか

ボウフラはみるみるうちに成長していく

男が驚いて、動けないでいるほんの数秒のうちにどんどん大きくなっていく

男はどうにか立ち上がろうともがいているが、

蚊の死骸に滑って、うまく立てない

そのうちに、ボウフラはサナギとなった

なんとか立ち上がった男だったが、もう遅かった

死体から羽化したおびただしい数の蚊は、

一斉に男を襲ったのだった

Normal
閲覧数コメント怖い
4912
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

ハエでなくて蚊が湧いて出たとは、ビックリですね…