短編1
  • 表示切替
  • 使い方

腐乱死体とバーベキュー

今回はオチでも霊的なものはいっっさいございません(笑)

実話、そのまま

10代の終わりぐらいに自分はサーフィンに夢中でした

サーフィンの為にスポットに近い街に引っ越すくらい、サーフィンをしてると友人も自然と増え、毎日サーフィン三昧

ある日サーフィン仲間が『バーベキューしねえ?』と誘ってくれました

勿論サーフィン以外何でも楽しい年頃だったので『いくいく』と二つ返事

いつものいわゆる波の良いスポットと呼ばれる場所から少し離れた場所で5〜6人でバーベキューをする事になりました

いわゆるフツーのバーベキュー、サーフィンのスポットと違い木もありハンモックをぶら下げ寝たり日焼けしたり、肉食ったり

楽しくバーベキューを終えて撤収

それを聞いたのは2日後

バーベキューをした次の日、まさに自分達がバーベキューをした所のすぐ側、木の向こう側で死後2〜3週間の首吊りの腐乱死体が発見されたそうです

そんなローカルな事故(?)速攻知った友人も凄いですが、その腐乱死体の側で何時間も肉食ったり騒いでいたっていう、、、

しかも発見が次の日、、、

しばらく海の木陰に近寄れなくなりました(笑)。

Normal
閲覧数コメント怖い
8684
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

腐乱死体って凄いニオイがするそうなんですが、誰も気付かなかったんですね‥自然の力がニオイを抑えていたのでしょうか‥第1発見者にならなくて良かったですね‥

表示
ネタバレ注意

まさに、知らぬが仏。