中編3
  • 表示切替
  • 使い方

激痛!

グロいので見たくない人は見ないように。

コピペ。

俺は数年前まで尿道オナニー愛好家だった。

チムポに細長い物を入れてあれこれするやつね。

俺はどこかのサイトに乗っていたやり方

(釣り糸をV字に折り曲げて、折り目からスルスルと入れていく方法で、

そのままチムポの先から約20センチのところに来ると、

管が上と下に分岐するから、下の方へ進んでいくと前立腺へと到達。

そこで糸を上下に刺激させると射精感を味わえるってやつ)

を好んでやってたんだ。

終わったあとチムポの中がヒリヒリして

トイレ時に苦労するというリスクはあったけど、

確かに行為中はずっと射精感を味わうことが出来たのでハマってた。

しかし、だんだんその快感にも飽きだしてしまい、

俺はいつもとちょっと違うことをやってみようという気になった。

そこで挑戦した内容はというと

“どこまで糸をチムポの中に入れることができるか”

だった。

正確には、前立腺のさらに向こうへ糸は突き抜けていくわけだから

玉の中に糸がどれだけ入るかってことなのかもしれない。

性欲に負けた俺は、その後起こる惨事のことも知らず

愚かにもズンドコズンドコ糸を押し込んでいった。

1メートル、2メートル、3メートル…

こいつは凄い、何メートルでも入るぞ!

冗談ではなく本当にいくらでも入る感じだった。

それと共にアソコはパンパンになっていく快感に支配され、

俺はその無間地獄とも言うような快楽から抜け出せなくなっていた。

仕舞いには10メートル程入れてしまっていた。

もう本当にパンパンで、たまらずそこでおれはチムコをしごいて、射精に至った。

妙な達成感が俺を包んでいた。

しかし我に返った俺は、

これからの後始末のことを考えるとかなり鬱な気分になった。

なにせチムポ内にある10メートルもの糸を

これから引っ張り続けなければならないのだ。

萎えた気分でチムポ内を糸で擦られ続ける痛みに耐えるのは、中々にブルーだ。

とはいえこのまま放置するわけにも行かないので、

しぶしぶ俺は糸を引っ張ろうとした。

が、どうしたことか。

いくら引っ張っても糸は抜けない。

少し力を込めて挑戦するも、ビクともしない。

次は思い切り引っ張った。痛いだけだった。

どうやら長さ10メートル糸は、玉内部で

がんじがらめに絡まってしまい、

細いチムポの管を通れなくなってしまっていたようだった。

俺は世界が真っ白になるのを感じた。

数分間俺はその場で棒立ちになった。

これからどうするか、こんな深夜に病院に電話か

それとも明け方まで待ってから電話するか。

いや、こんな状態で朝まで正気を保てるのか。

それ以前に医者に何て説明すればいいんだ。

あれこれ考えてしばらくパニック状態になっていたが、

俺は覚悟を決めた。

このまま一気に引き抜こう。

まんまと成功してくれるか、それとも糸が途中で切れるか、

はたまたチムポが破壊されるか、

どんな結果でも受け入れよう。その時はそんな心境だった。

そしてトイレに向かった俺は、おもむろに糸を両手で握り、

渾身の力を込めてそれを引っ張った。

一瞬の出来事だった。

股間を刃物で突き刺されたような激痛が走り、

“それ”は俺の体内から排出された。

血まみれの、直径5センチほどの大きさの

スチールウール状にこんがらがった釣り糸が

俺の足元に落ちていた。

とりあえず医者に行って糸を引っこ抜いてもらうという

大恥をかくのは免れたが、その後が本当の地獄だった。

その後俺はトイレで小を致すたびに激痛に見舞われ

大量の血を含んだ尿を見なければならなかった。

その時の痛みは凄まじくて、

尿をチョロチョロと加減して出さないといけなかった。

結局医者に通うのが嫌だった俺は

消毒液を尿道内に少しずつ流し込むという荒療治を行いつつ、

2週間ほど激痛+血尿と戦わなければならなかった。

あの頃は、尿意を催すことが本当に鬱でした。

尿道オナニー愛好家さんたち、

くれぐれもやりすぎに注意しましょう。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
76700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ