短編2
  • 表示切替
  • 使い方

身近にあった事(短編集)

アパート①

近所にあるアパートの前通りかかると、階段の踊り場で年配の方たちが楽しそうに話してるのを見かけたのが先週。

separator

娘と買い物に行く途中、怪談好きの娘が

娘)『このアパートでるんだよ』

『もう大分、誰も住んでないのにじいちゃんとばあちゃんが良く目撃されてんだよ』

徹人)『って言うかお父さんも見た。』

娘)『部屋の中覗けるんだけど警察のテープが張ってあるし、中には椅子があってその上に天井からぶら下がったロープがあったんだよ。次の日また違う友達と見に行ったらスリッパの位置も変わってたし』

自殺かよ。俺が見た人達は笑顔だったのにな~。

separator

アパート②

長く放置されていたボロ家が解体され新しいアパートが出来たらしい。毎日通り過ぎ、段々と形になっていった。

separator

仕事柄付き合いで夜中になることも多い。

正直ボロ家の時は少し怖かった。

アパートは4階建て。借り手が何時つくのかな~

何て考えながら歩いていると

上から凄い顔して睨んでる人が

イヤ、人じゃない。だって屋上だし顔だけしか

無いんだもん。

ボロ家の時よりコワイじゃん…

近所付き合いお断りだな~っと思った徹人でした。

separator

高層団地。

昔住んでいた団地には11階建ての物があった。

その11階から見える景色は最高で良く見に行っていた。富士山も見えた。(因みに千葉県です。)2階の所に自殺防止ようネット(ネットと言っても鉄製)が備えつけられてました。

separator

嫌なことがあり景色を見に行ったら、

その建物の前に沢山の人がいました。

中の一人が

『誰か飛び降りたらしいよ』

と近くの人に言っていた。

人垣が一瞬あいて俺が見たものは

人とはかけ離れた肉片達だった。そして

景色が見れないな~と思い、上を見上げると

青白い顔をした男が笑っていた。

また短編にしちゃいました。全部実話です。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
7622
11
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

はっとりさま

長く書くと嘘っぽくなるし短くすると説明不足の文章力が乏しい為大変です(笑)実際は凄く恐怖していたのに文章にするとあれって感じなんですよ。表現力や文章力が欲しいっす。読んで頂き感謝です。謝謝。

表示
ネタバレ注意