中編3
  • 表示切替
  • 使い方

不埒な幽霊

地方の実家に戻った友人(♂)が出張で東京に来たので、神楽坂で一緒に飲んだ。

神楽坂は友人が以前住んでいて、趣味の仲間と集った 想い出の場所だ。

この日も終電を気にせず飲めるようにと、近くのビジネスホテルに宿を取り 遅くまで飲んだ。

nextpage

常宿のビジネスホテルで いつもはツインを予約してくれるのだが、その日は セミダブルの部屋しか空いてなく、

「大丈夫?」と聞かれたが、昔馴染みの気心知れた友人だったので「大丈夫よ!」と快諾した。

ビジネスホテルの部屋に入ると、日本酒をたらふく飲んだ友人は 早々に寝てしまった。

私はシャワーを浴びて 友人の隣の寝床に入り込んだ。

しかし寝付けない。

何度も寝返りをうって 眠ろうと目を閉じていた。

nextpage

music:2

ふと 気配がし

目を開けて薄暗い部屋を見回す。

すると、隣で寝ている友人の頭側の壁から 何やら黒い靄のようなものが見えた。

その黒い靄は 次第に壁の中から突き出た人の上半身となり

頭とおぼしき部分が 隣で寝ている友人の顔を覗き込んでいる。

私は咄嗟に

「見てはいけない!気付かれてはならない!」

と感じ、目を閉じ 眠っているふりをした。

その黒い靄の上半身は 私の顔も覗き込んでいるようだった。

nextpage

ふと、気配が消えた。

私は恐る恐る目を開けると、そこには何もなく 友人のイビキだけが響いている。

「あぁ、怖かった…。朝になったら友人に話そう!」

そう思い、寝返りをうって仰向けになった。

私は普段 側臥位で眠るので、もう一度体の向きを変えようとした。

が…動かない‼

nextpage

music:3

金縛りだ!体が全く動かせない!

いつもは、金縛りになる予兆と云うか、耳鳴りや引き込まれるような感覚があって 金縛り状態になるのだが、突然の金縛りに 気が動転する!

「さっきの黒い奴か!?」

怖いので目をぎゅっと閉じ 必死に手を動かそうともがき、声を出して友人に助けを呼ぼうと試みる。

「あぅあぅ」言ってる自分の呻き声が聞こえる‼

怖い!怖い‼

nextpage

その時、自分の唇に何かが当たる感触がした。

グミ?ゴムの塊?の様な 温かくも冷たくもない物が唇を塞ぐ。

啄むように唇に何かが押しつけられる。

「ん?キスされてる!?」

隣の友人か!? いや、友人のイビキが聞こえて来る。

友人じゃない‼

次に 両胸の乳首辺りに感触が…!!

両掌で円を描くように動いている!

「ん?胸 触られてる!?」

友人か!? いや、隣からイビキが聞こえて来る。

友人じゃない‼

「何なんだ!?」

だんだん 怖さより腹が立ってきて

「人の体をまさぐってんじゃねぇ‼ぶん殴ってやる‼」

nextpage

右手の拳を握りしめ この不埒な奴に 拳を叩き込んでやるイメージで

「ぶん殴ってやる!ぶん殴ってやる‼」と

必死に叫ぼうとし 力任せに右手を振り上げようとした。

気配が 突然消えた。

力一杯振り上げた右手が 虚空に つき上がっていた。

起き上がり、肩で息をする。

「何だったんだ…お化けか?夢か?」

隣では友人が スースーと安らかな寝息をたてていた。

私は誰にも、この一件を話せないでいる。

夢かもしれないし、お化けだったとしても 不埒なコトをされただなんて 恥ずかしくて言えない。

Normal
コメント怖い
1
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

初めて書きました。
実体験を いろいろ書いてみようと思います。
読んでくれて ありがとうございます。

返信