中編3
  • 表示切替
  • 使い方

原くん EP1

僕は大学に原くんと言う友達がいる。

原くんは霊感はあるが、特に霊能力は持っていないと言っている。しかしコミュ力が高く、そんな話が広がっても友人は多くいた。

ある日いつもの様に原くんの所に相談が来た。

同じ学部の川口くんだ。彼は先日、有名な心霊スポットに行ったらしい。行った時は何も無かったが、帰ってから、何となく体が重いような気がするらしい。また日に日に体の重みが強くなってきたため、原くんの元に相談に来たらしい。

相談された後、原くんにいつもの様に言われた。「実地調査したいから、いつも通りタキちゃんも来てよ」

僕は、いつも通りという言葉に対して、心の中で、(無理やり連れてってるくせに)と反論しながらも了承した。

その夜、原くんの下手くそな運転で、その心霊スポットへ向かった。原くんは着くとすぐ、 「あー無意味だったわー」と言い、そのまま原くんの家に戻った。

家に戻ると僕は原くんに「で?何が無意味なの?」と怒り気味に言った。責めて、いつもの探検位はあると思っていたからだ。

原くんは「いやぁ、アソコは探検できる環境でもないし、問題は多分解決出来ないからなぁ」と困った風に言った。

そして、5日ほど経ち、僕もレポートに追われ、川口くんのことを忘れ始めていた。

しかし学食で僕と原くんが、レポート課題にうなだれている時、川口くんの彼女と名乗る女性から相談を持ちかけられた。

彼女と名乗る女性は、他大学の学生らしい。川口くんは今立つことも難しく、同じ大学にいる原くんに助けを求めるよう、彼女にお願いをしたらしい。

彼女はどんな事をしてでも川口くんを助けたいと言っていた。

原くんは睨みをきかせながら「どんな事でも?」と言った。

そして彼女にある条件を持ちかけた。二度と彼と連絡を取らないこと。そして何があっても僕らのせいにしない。そして念の為、彼のお祓い後すぐに、君だけで青森のある寺へ行く事。を条件に出した。

彼女は彼が助かるならと、すぐに了承した。

僕は彼のお祓いという言葉を聞く度に、嫌な気持ちになる。確かにそれが今ある一番最良な方法なのかもしれないが、しかし決して誰もが納得する方法ではないからだ。

そして、原くんは彼女さんと僕を連れて川口くんの家へと向かった。

僕はいつも通り、外で誰かが入って来ないように見張りをさせられてた。これは原くんなりの、僕が巻き込まれないための配慮と、僕は思っている。原くん曰く「扉は結界の一種、特に玄関の扉は最高の結界とも言える。」

僕はお祓いが終わるまで外で音楽を聴きながら待っていた。

お祓いが終わり、原くんと彼女さんが出てきた。彼女さんは新幹線に乗るため駅へ向かった。僕と原くんは念の為、新幹線に乗るまでは見送った。

原くんの家に入り、僕はいつも通り尋ねた。「で、今回はどうだったの?」と

原くんは「答えはこう、あの心霊スポットはタクシーを待っている人と同じ。一つのグループに一人憑いていける。そしてその中の一人を選ぶ。そして徐々に身体と心を衰弱させ、寂しくないようにその人を持って行くんだよ。」と

僕は思わず「だからか探検しなかったのか」と呟いた。

彼は「彼女がどんな事でもと言ったから彼は助けたよ。彼は。」と言った。

僕はその言葉の意味を理解している。彼の言うお祓いは、追い払いである。あくまでもその人物やその場所から追い払うだけであって、問題解決にはならない。

そして今回、身代わりとして、原くんは川口くんの彼女を選んだのだ。なぜ最良かと言うと、彼女はまだ取り憑かれていなかったためだ。取り憑いてすぐになら、あの寺へ行けば助かる可能性が高いためだ。取り憑かれてから、助かるまでには時間が勝負らしい。

その後の彼女は僕達には分からない。大学も違うし、彼とも本当に別れ、僕らもわざわざSNS等を調べたりもしない。だって嫌な結果は知りたくないからね。

Normal
コメント怖い
0
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ