中編2
  • 表示切替
  • 使い方

笑い声

これは自分自身が体験した話です

nextpage

その日僕はいつも通り布団に入り目覚ましをセットして寝た

nextpage

どれくらい寝ていたかわからないが急に目が覚めた

おかしいなって思った時だった

nextpage

身体が動かない!

金縛りになっていた

nextpage

でも慌ててはいませんでした

というのも家ではよく変なことが起きる事があったり金縛りも何度かあった

nextpage

それに金縛りにしても夢のニセ金縛りとかもあるのでとりあえず全身の力を入れずにしてみた

こうすると夢か本当かがわかります

nextpage

ニセの夢ならそのまままた寝れて

本当なら力を抜いても身体のどこかが痺れます

こうやっていつもどちらかを確かめています

nextpage

本当の金縛りでも抵抗しなければ幽霊が飽きるというかなんというかすぐに金縛りがなくなるのでいつもそうしていました

nextpage

でもその日は違った

いつもなら消えてもいい時間ぐらいになっても金縛りが解けませんでした

「これはめんどくさいのに目をつけられたな」と思いました

nextpage

そのまましばらくして気づいたのですがお腹の上に何かが乗ってるのに気付きました

nextpage

こんなこと初めてだなーって呑気思ってたときに遠くの方で笑い声が聞こえました

こんな時間に外に人がいるんだな~と思ってると

nextpage

その笑い声が段々近づいていることに気付きました

そしてその声が部屋の外の廊下から聞こえるぐらいまで迫ってきて気づけば自分の耳元にきてました

nextpage

「アハハハハハハハ」

と笑い続けていました

さすがにこれはヤバイと思い気をしっかりもって耐えようと思っときに気がついたことがありました

nextpage

自分も笑っていました先まで怖がってた自分が笑ってる

でもなんで笑ってるのかがわかりませんでした

その時

nextpage

先ほどお腹の上にいたものが急に動きだしました

溝内のとこらへんがなにかで刺されたような痛みが走り笑ってるどころではありませんでした

nextpage

そこからはずっと「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

謝る事しかできませんでした

nextpage

どれくらいたったでしょう

もうこのまま朝になるのかなって覚悟したとき腹の上のなにかが消えていきそして笑い声もまた遠ざかって行きました

nextpage

すべてから解放され僕はまた眠りにつきました

nextpage

あの日腹の上にいたのは何だったのか笑い声はどこから来たのか今の僕にはわかりませんが今までで一番怖い金縛りでした

Normal
コメント怖い
0
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ