短編2
  • 表示切替
  • 使い方

石垣島にて

今から八年前の話です。

当日私は定時制に通っていました。

授業が終わり学校の友達5人と彼氏(他学校)で海で暇つぶすべく遊んでいました。

一時間程経った時 私はもう帰りたくて仕方ない心境。

もともと見る体質の私は この場所に違和感を抱いていました。

黙って座っていたのですが気味は悪いし とにかく寒い。

もうみんなをほっといて一足先に家路につきました。

家の鍵を彼氏に渡したままで帰ってきてしまったので 仕方なく部屋の窓から(家は一階)入って眠りにつきました。

明け方目を覚ました私。

仰向けの体を少し右に傾けました。するとすぐ目の前には夜中入ってきた窓があります。

見てすぐ後悔しました。

窓も鍵も閉めたのに 女の子が入ってきました。

明らかにアタシの後を追ってきたかの様に。

すぐさまアタシは逃げようとしましたが 金縛りにあい 動けません。

その子は私の上に乗ると顔を近づけて何か言ってるみたいな?きこえませんでしたが口をパクパクしていました。

そして私の上から下りると回りを走り出しました。

私は怖くて仕方なかった。

慣れてるはずなのに何故が物凄く怖かったんです

しばらくして笑い声と共に突然金縛りが解けました。

私は一目散に部屋を出て台所にある子機から友達に連絡を入れ来てもらいました。(私は1人暮らし)

事情を説明し 一緒に部屋の中へ入りましたが誰もいません。

友達が『昨日T(アタシ)が帰ったすぐ後警察がきて補導されたんだけどそのお巡りさんが、「1ヶ月前ここで首つり自殺があったんだ。ホレこの木にな」って指差したとこ、お前が座ってたとこだったんだょ』

一気に鳥肌全開、それから二度とあの場所には近づいきませんでした。

怖い話投稿:ホラーテラー うちなぁ★さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
65900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ