短編2
  • 表示切替
  • 使い方

みー

この話は私の実体験です。

うちには猫が居ました。

名前は『ミー』です。

ミーは結構おじいちゃんだけどケンカが強くて、ほっぺたの筋肉とかはかちかちでした。

近所でもまず負けなかったと思います。

そんなミーがある日居なくなりました。

2〜3日も家を開ける事は無かったのに…

事情を悟り、一ヶ月くらい経って私は姉とミーの家を片付けました。

姉は泣いていました。

私は姉に『またひょっこり帰って来るよ』と言いました。

それから一ヶ月後のお盆の夜の事です。

うちには犬も飼っていて、名前を『ゴー』といいます。

ゴーは大人しい雑種ですが珍しく吠えました。

ミーがよく登っていた木に向かって吠えていました。

そのあと鎖に繋ぐ時に隙を見て逃げました。

でも、その木の前で立ち止まりまた吠えていました。

『ミーが帰ってきたんだな』と、少し嬉しく思い、その光景をしばらく見ていました。

その晩に私は飲み過ぎて、そのまま仏壇の前で寝ていました。

そして夜中に目が覚めました。

仏壇の部屋はカーテンが無く、外はまだ真っ暗でした。

そして、その時私の体は動きませんでした。

産まれて初めての金縛りでした。

動かそうにも動けず、体に掛けてあるタオルケットがすごく重く感じました。

その時、私の頭上から『ガサガサ』と音が聞こえました。

音は大きくハッキリ聞こえました。私は体をねじって起きる事が出来ました。

そして音の方向を見ると真っ暗の中に猫がハッキリと居ました。

私はミーだと思い声を掛けました。

『ミー?ミー?』

返事は無く猫は動きもしません。

私は怖くなり電気を点けました。

そこには何もありませんでした。

次の日、姉にその事を話しました。

しかし、姉も夜中に起きて、トイレに行った時に仏壇の部屋から『ただいま』と聞こえたとの事でした。

それは俺の寝言だったんかなぁ?

怖い話投稿:ホラーテラー のりくんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ