短編2
  • 表示切替
  • 使い方

「見ちゃだめ!」

ある夏のできごと。

「見ちゃだめ!」

その一言からはじまった。

彼女(B)と連絡が2週間もとれなくなった。

心配になり彼女のマンションに様子をみに来た。

鍵が開いている。

入って呼びかけてみたが返事がなかった。

「ん・・・なんか臭い・・・。」

彼女は俺が家に入ってきたのがわかったらしく、

「見ちゃだめ!こないで!」

リビングのほうから声がする。

「たしか、このドアを開けるとリビング・・・だっけ?」

一つのドアを隔てて大きな声で叫ぶ彼女。

いったいなにがあったんだ?

しかし、あまりにも拒否するためその日はリビングの様子を見ず、

「なにかあるんなら、電話しろよ。」

と、一言言い残して俺はマンションを後にした。

5日後。

まだ連絡は無い。

心配になってまたマンションを訪れた。

「・・・・?鍵また開いてるぞ?」

少しドアを開けてみた。

「!?」

臭い。とてつもなく臭い。

「おい。B!いるのか?」

返事がない。構わず入っていく。

リビングのほうから臭う・・・。

「まさか。」

このまえ来たときは開けなかったリビングのドアを開ける。

「・・・!」

言葉がでなかった。

彼女はリビングで首を吊っていた。

その後、警察が来た。

いろいろと警察に聞かれたが一つ警察が変なことを言った。

警察「え?五日前に話したんですか?おかしいですね・・・。」

俺「え?」

警察「いや、一ヶ月も前なんですよ。検査報告書からしてね。」

俺「なにがですか?」

警察「亡くなったのが」

怖い話投稿:ホラーテラー Lさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
18400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ