短編2
  • 表示切替
  • 使い方

家猫タマの話し

十数年前にタマが産まれた

タマは珍しい、三毛猫のオスだった

産まれてから一月ほどして親は死んでしまい、他の兄弟はもらわれていった

一匹残ったタマを家族みんなが可愛がった。

三毛のオスという珍しさから、譲って欲しいと何人にも頼まれたが、もう、家族の一員だからと断った

タマが家族になって一年が過ぎた頃、突然居なくなった

警察やら保健所にも出向いてみたが、見つからない 家族みんなが落胆し、3ヶ月ほどは、会話もなくお通夜みたいな夜を過ごしていた。

そんなことがあって、しばらくしてからの話し

妹と二人して、近くのコンビニへ買い物に行く

家から100mほど歩いてきたところで妹が言った

「あれ、タマじゃない?」 妹が指差す方を見ると、10mほど脇道に入った所に、三毛猫が座ってこちらを見ている

俺達は脅かさないよう、3mほどゆっくり近づいた。そして目線を同じくするようにゆっくり座ると、 手を伸ばして「タマ、タマ」と呼びかけた

すると、「にゃー」と応えてくれた

もう、うれしいなって、タマタマと何度も呼びかけながら、座ったまま少しづつ近づいて行った

あと5mほどに近づくと、にゃーと鳴きながら、向こうから近づいくるではないか

もう間違いない、やっぱりタマだ

手が触れる所まで近づいてくれた

喉を人差し指でさすってやると、気持ちよさそうに腹をみせて寝転んだ

「おまえ何処に行ってたんだよ 心配したんだぞ

こんなに痩せちゃって、帰る道を忘れちゃったのか?」

そっと抱き上げ家に連れ帰った

それから十数年、家族に可愛がられ今も元気でいる

そんなタマも、今ではすっかりおばあちゃんだ。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
21120
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

これ、タマではないのか?おじいちゃんなのか?どっちじゃ?

霊かと思ったけど、無事で良かったです!