恩返し※コピー&ペースト

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

恩返し※コピー&ペースト

5年ぐらい前に、近所の小学生達が猫の死体を見つけたと騒いでいた。

放っておくのは可哀想だから、墓を作ってやろうと俺が穴を掘って埋めてやったんだ。

その日の夜、不思議な夢を見た。

昼間埋めてやった猫と似たような毛の色をした猫が、咥えていた白い箱の様な物を俺の枕元に置いて消えて行った。

その時はタダの夢だと思っていた。

ちょうどその日は高校入試で、学校へ行き鞄を開けて驚いた。

夢の中で猫が置いて行った、白い箱が入ってたんだ。

中には、その猫の毛を纏めて作った様なストラップらしき物が入っていた。

最初は少し気味悪く思ったが、そのストラップを握ってみると、不思議な安心感を覚え、緊張感が無くなったんだ。

まぁ残念ながら、その入試は落ちてしまったんだが、その日の夜また猫が夢に現れた。

しきりに俺に向かって頭を下げてるんだ。

どうやら謝っているようで、俺が

「お前は悪くない、気にしなくていいぞ」

と言ったら、一回鳴いて消えて行った。

その後、2次募集で無事に受かり、高校に入る事ができた。

しばらくして、猫の夢の事を忘れた頃、バイトをしようと、面接予約をしたんだ。

そして面接の日の朝、また猫の夢を見た。

以前と同様に、白い箱を俺の枕元に置いて消えて行く、という内容だった。

バイトの面接に出かける前、気になって鞄の中を見てみると、同じ箱が入っていた。

開けてみると、またストラップが入っていたが、入試の時の物とデサインが違った。

折角だしと携帯に付けて、面接に行った。

特に緊張する事も無く、無事に面接が終り、2週間後内定を貰った。

内定貰ったその日、猫の霊だろうか、それらしきものを見た。

寝転がっている俺の上に乗り、気持ち良さそうに寝ていた。

その顔は凄く満足そうで、それを見た時、こいつのお陰で内定貰えたんだなと思い、寝ている猫に向かって「ありがとうな」と、一言礼を言うと、ゆっくり目を開けて、俺の顔を見たあと、一回鳴いて消えて行った。

その後、大きな行事の際にはその猫が現れ、一回鳴いて消えて行くようになった。

その声聞くと自然と緊張感が抜けて行き、失敗無くこなす事が出来るんだ。

因みに、墓を一緒に墓を作った当時の小学生達も、大きな行事前は俺と同じ夢を見て、成功すると横なり上なりで満足気に寝ているそうだ。

あの時墓を作った場所には立派なキンモクセイが生えていて、ちょうど猫の墓を作ってやった時に花を咲かせて、周囲にとても良い匂いを漂わせている。

これは猫の恩返しってやつだろうか。

毎年キンモクセイが咲く頃が楽しみで仕方ない。

怖い話投稿:ホラーテラー 反逆奴隷さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
21700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ