短編2
  • 表示切替
  • 使い方

「イン」

今から2年前の6月、自分の所轄の精神病院から一人の患者が自分の父親を刃物で刺し、逃げるという事件がありました。

無線で連絡がありましたが充電池が切れてしまい、最後まで聞けませんでした。

同地区を警邏中、1人の女性を見つけたので、

「この辺は、物騒なんで早く帰ってください」

と、不安を与えないよう言うと、女性は振り返りました。

左手には血まみれの包丁を持ち、目はサメのような目をしてました。

そうです。男性だと思っていた被疑者は、女性だったのです。

信じられない力で殴られた私は、頬骨を割るという重傷を負い、その後駆けつけた二人の警官と私の3人がかりでやっと取り押さえました。

私は両肩を押さえ、顔の側に自分の顔を近づけた時、その女はこう言ったのです。

「わかったよ。この女の体は、諦めてやるよ・・・」

私は「誰だ・・・お前?」 と言いました。

すると女は「インだよ・・・」と言いました。

後日、以前お話した新野さんにこの事を話すと、

「俺が扱った殺し、麻薬でインを名乗った奴は、四人いたな」

と言いました。

その後「・・・同じ奴かもな。 まだ、やりたりないのか・・・」とポツリ。

女性ですが、衰弱死したそうです。

後で、『イン』について気になり、新野さんに連絡をとったところ、新野さんは、

「色々聞いてみると被疑者だけでなく、自殺者のなかにも遺書のなかに『イン』の名 が書いていた奴がいるらしい。もちろん、こんなこと書類には書けないがな・・・」

とのことでした。そして、

「お前ももう奴には関わるな。あいつは刑法が適用されないぶん警察の手には負えない」

と言いました。

今、『イン』を知っているのは、私と新野さんだけです。

他の警官は、錯乱した状態の産物だと思ってるみたいです。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ