中編4
  • 表示切替
  • 使い方

『封じ』 みっつめ

■シリーズ1 2 3 4 5

住職の遺体には、藁で編んだ「しめ縄」の様なヒモが無数にかけられ地面へと伸びていた。地面は黒く汚れていて多分住職の内容物だと思うが、その割、嫌な臭いはしていない。周りにはCの字型に薪が積まれ魔物が出てきたら隙間口を塞ぎ、住職の遺体を降ろして一緒に燃やすのだそうだ。そして遺灰と住職の遺骨の一部を井戸に入れ封をする。  これで終わり。

単なる変わった火葬に付合わされているだけかも知れない。

地元の人は確かに嫌だろう。

夜の8時頃、それは起こった。

また子猫の声が聞こえたかと思うと、竹カゴのせいで見えにくいが井戸の上にある封の棒が下から突き上げられる様に小さく振動を繰り返している。「ガシャガシャ」と音がするのだ。

しばらくすると1本、2本と棒が地面に落ちだし、その数が20本を越えた頃、今度は竹カゴがバリバリと音を立てた。まるで中のモノが外に出ようとしている様に。

息を止めて見守っていると、「バリバリッ」と一度大きな音をたて竹カゴが地面へと転がった。

「ゴクッ」っと生唾を飲み込む俺。

「ミューミュー」と声が相変わらず聞こえ、ポトポトと何かが落ちる音がして子猫の声はだんだんと吊り下げられた住職の方へ近づいていく。

姿は見えないが、そこには確かに何かがいる。これが魔物だろう。

今更ながらに気付いたのだが、子猫の声は一つではない。何十匹分という声が聞こえている。

俺は幸いにもかがり火で照らされた地面に何も確認出来ない。見えないのだ。いつの間にかあれ程見て見たいと思っていた魔物の姿を見ずに済んで「ホッ」としている自分に気が付いた。

同時に隣に泰俊がいる事に気付き、顔をのぞき込む。

泰俊は今まで見た事もない表情をしていた・・・・。

俺はとっさに腕を取って後ろに下がらせ、泰俊は「ハッ」と気付き、俺に「すまん」と礼を言った。

俺 「お前、まさか見えたのか?」

泰俊 「ああ・・・こいつはヒドイ・・・」

言ってるうちに遺体を吊るした大枝がメキメキと音を立てだした。思わずそちらを見る泰俊。だがすぐに目を伏せる。俺も見たが、風も無いのに遺体がクルクル回りだし、垂れ下がったヒモが不気味に動いているだけだった。

しばらくして、友明を含む4人の「御役」がCの字の口を薪で塞ぎだした。

塞ぎ終えると、お経や鉦を鳴らし住職を吊るしたヒモの元を切って遺体を地面に落とした。「ドシャッ」 何かが潰れた音だ。ふと遺体損壊とかで捕まるんじゃないかと思ったな・・・。

4人の御役は住職の遺体の上に木屑や薪、藁などを入れ火を付けると思いのほかすぐに大きくなり、いつの間にか子猫の声も絶えていた。これからの仕事は遺体が骨になるまでの火の番で、目の前で直に人を焼いている。なるほどトラウマになりそうだ。

明け方近くなってようやく火葬が済み、俺達は火に酔ったみたいにトロンとしていた。多分睡魔もあったと思うが、しかし眠いとは思わなかった。木製の箱にあらかたの遺骨を納め、残った骨は灰と一緒に集められ俺達の所に持って来た。

「さて、これで最後じゃから頼むの。」 おじさんの声。

うなづく友明が遺灰を受け取り井戸の中へ撒いた。残りの3人の御役はお経を唱え続けている。俺と泰俊は友明の所へ行き封の手伝いをし、20分で終わった。

魔物封じ終了。

井戸のかたわらに立ちすくむ泰俊を見ながら俺はビビリも入ったが楽勝と思っていた。辺りは既に明るくなってきている。

本堂の辺りで声が上がり見てみるとメシの用意をしてくれた女の人達が今度は大量の塩を持ってやって来た。自分達も含め庭一面を清めるのだそうだ。布の袋に入った塩を2つもらい、1つを泰俊に渡そうと近づく。泰俊はまだ井戸に居る。

またさっき見せた表情になっていた・・・・

「おい!!泰俊!」 思わず叫ぶ。

ゆっくりとこちらを向き、

「封は終わったんだよな?なぁ・・多分・・あれは・・康介・・女の子がいた・・」

目を閉じ頭を抱え、

「4~5歳位の裸の女の子。だけど左肩から1本、右の脇腹から3本、蜘蛛の足が・・・飛び出していた・・。それでな・・左の首筋に蜘蛛の頭がついてるんだ・・・。井戸の横に居て・・アイツも一緒に封じたんだよな?・・。」

俺 「まだいるのか?」

泰俊 「いや・・もう居ない・・竹カゴを被せたら消えた。」

胃がキューッと締め付けられた。

俺 「だったら・・大丈夫だよ。」 何の根拠も無い返事。

その夜、泰俊は高熱を出した。

2日間、友明の実家に世話になり、俺達は帰路に着いた。帰りは友明も一緒で今回のせめてものお礼という事で運転をするとの事。

助手席の景色はまた違うなと余裕を見せる俺。市内に入りシートベルトを握り締め「ブレーキ!ブレーキ!!」と叫ぶことになるとは、この時は思ってもいなかった。(笑)

帰りの車内で元気になった泰俊は自分が見たモノを絵に描き俺達に説明した。友明は魔物の姿形を知っていて「本当に見ちまったのか・・」と同情していた。

コンビニのおにぎり大の赤ん坊の頭に人の手足や蜘蛛の足が無作為に付いているらしい。下あごの元辺りから生えていて動きは鈍く、よく引っくり返っていたそうだ。目は何故か皆閉じていて、口は本来ある場所には無く、あごの先の裏に付いていてヤツ等が転んだ時に良く見えたそうで、鳴き声は俺も知っている子猫の様な声。

そんなのが何十匹も住職の遺体に取り憑いていたそうだ。

そして火葬が始まると一斉に鳴くのを止め、目を見開いて血の涙を流しながら御役達を見つめていたと言う。

これを聞いて友明は言葉を失ってしまった。

何故か泰俊は井戸の横に居た『女の子』の話はしない。俺もふれなかったが・・。

俺等は一応、無事に帰りつけたと思っていた・・・。

■シリーズ1 2 3 4 5

怖い話投稿:ホラーテラー 最後の悪魔さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1950
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ