短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ブロンドの罠

ある男が海外へ旅行に行った時の話。

その夜、滞在しているホテルを出ると外にはブロンドの女性の姿があった。

男の姿を見つけると、近寄り話しかけてくる。

話を聞くと、どうやら娼婦らしい。

だが、ここで他と違う点が代金はいらないというのだ。

ブロンドの女は見るとスタイルも良く、中々に美人。

こんな女性をタダで抱けるというので、おかしいと思いながらも男は承諾した。

そして情事を終えて目を覚ますと、ベッドに女の姿はなかった。

気だるさが残る中、シャワーを浴びようとバスルームの扉を開ける。

バスルームの鏡に、黒いリップスティクでメッセージが書かれていた。

“エイズの世界へ ようこそ”

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete
閲覧数コメント怖い
34210
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ