短編2
  • 表示切替
  • 使い方

幽霊漫才

ある漫才師が交通事故で死にました

ボケ「いやぁ~トラックにはねられましたね……」

つっこみ「ええ……はねられましたね」

ボケ「新聞でも僕らの話題で持ちきりですよね」

つっこみ「ですね~。まぁ、いやらしい話、結構売れてましたからね僕ら。」

ボケ「今朝、新聞見てビックリしましたよ僕。『あれ?僕死んどんやん』……って…」

つっこみ「新聞で気づいたんかい!昨日の帰り一緒に死んだやん僕ら!トラックにパーンはねられて」

ボケ「あ?あれ死んでたん?僕、こんくらい大丈夫やろって帰ってしまいましたよ。今でも半信半疑ですわ。」

つっこみ「大丈夫やろって?!(゜∀゜ノ)ノあんた自分どんだけ丈夫な人間やとおもうとんねん!」

ボケ「いや、まぁ、トラックくらい大丈夫やろってね。ターミネーター大好きやし僕。」

つっこみ「関係無いがな!死んどりますよあんた。クリティカルヒットやがな。」

ボケ「トラック運転手のレベルは?」

つっこみ「上がらんわ!ドラクエと一緒にすな!」

ボケ「わてら、ゴーストやな(笑)」

つっこみ「何、ニコニコしとんねん…気持ち悪いわぁ…」

ボケ「気持ち悪いって、大丈夫か?病院いく?」

つっこみ「病院って俺らもう死んどる!ええ加減状況把握せえや。死んでから何時間経っとんねん!」

ボケ「え?俺ら死んでんの?」

つっこみ「そっからかい!(゜∀゜ノ)ノ出来の悪い新入社員か!記憶せえ記憶!」

ボケ「いや、まぁ死んでるならしゃーないわ。お前がそこまで言うんやからな。そーゆうことにしといたる」

つっこみ「そーゆうことにって…別に僕の決定で僕らを死ぬことにしたんちゃいますから…」

ボケ「トラックの運転手のせいやな」

つっこみ「まぁ、そうやな」

ボケ「ムドーを倒すためにな」

つっこみ「ドラクエから離れろや!レベル上げの為に人を殺す奴なんかおらんわ!」

ボケ「お前きっと経験値2やで(笑)」

つっこみ「じゃかぁしいわボケ!」

ボケ「…………ふぅ……」

つっこみ「………ふぅ……」

ボケ「じゃあ成仏するか……?」

つっこみ「せやな……」

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ