中編3
  • 表示切替
  • 使い方

時の止まる場所(コピペ)4

おれは突然怖くなった。

少しからだが震えていたし変なギトギトした汗が出る感じがした。

結局バンドメンバーにあの話しはできずに、連絡先だけ交換してその日は解散した。

なんか言い知れぬ恐怖感と、現状を自分で確認したくて、

いてもたってもいられなくなった俺は、

その日の帰りにAのマンションの前まで行った。

俺はAの家の前を通ったが、家の明かりはついていた。

しかしAの部屋の明かりだけは消えていた。

さすがにここまで来ると、俺は怖いってよりヤバいと思い、

本当に切り詰められたような状態だったのを覚えてる。

Aの家族にも言わないといけないが、なんて言ったらいいか分からない。

母親は五年前に亡くなっており、弟はいくら問いただしてもその頃の記憶が無いという。

Aの母親にはなそうとも、直接「止まってた」現場にはいなかったし、

Aは「止まってた」話をしてなかったように思える・・・。

そして行方不明の今、その事は言いづらかった。

なんども自分でも検証したいとは思ったが、Aは二度目でおかしく?なってしまった。

そしておれはそこに行く勇気がなかった。

友達に話そうとも思ったが、

追い詰められた俺は結局誰にも話せなかった。

結局手段を思いつかなかった俺は、毎日Aに電話かけたりメールを送った。

返信は無いが、メールは送れた。

とりあえず1ヶ月以上、電話は時間帯を変えたりして毎日かけていた。

けど、Aからはずっと返信も着信も来なかった。

だんだん無駄なのかもしれないと思っていたが、

責任を感じてた俺はたまにメールをしたりしていた。

それから半年、Aの母親や妹と話す事もあったが、

やはりあの話はできなかった。

そしてAの家族も、俺に関係ある事だと思っていなかったらしい。

俺は責任から、携帯のアドレスをずっと変えずにいた。

するとAがいなくなってから半年たった頃、突然Aから着信があった。

気付くのが遅かった、着信があったのは二時間くらい前。

古い携帯で単純なアドレスだったので、出会い系メールやワンギリもあって

基本的に着信は無視していた。

Aに電話をかけると、Aはでなかった。

それから二日間、一日に何度も電話をし続けた。

すると、二日目に遂にAが出た。

Aはまず「今まで出れなくてスマン、いま遠くの親戚の家で暮らしている」と言った。

そして、Aは「あの時はスマン、本当に恐ろしい事があった」と話し出した。

Aの話をまとめると、まず幼い頃の話からしなくてはならないのだが・・・

Aは弟を振り切って物陰に隠れようとしていた。

そして気付いたら夜だった、母に手を引っ張られていた。

そのときは本当に記憶がなかったらしい。

それで家に帰ったのだが、その頃から変な夢を見るようになったらしい。

まず、自分は洞窟に入っていく。

最初は周りが見えるのだが、奥に進むと真っ暗闇になってるらしい。

そして、気付いたら目の前に壁がある。

どうやら洞窟はそこで行き止まりらしい。

すると足元から風が吹いている。

よく見ると、足元に穴があり、奥の方に不思議に光るキノコがあるらしい。

そして、そのキノコを覗き込むと洞窟は消え、

自分の周りをキラキラとラメの様に光る黒い影がバレリーナのように躍る。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
12500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ