中編3
  • 表示切替
  • 使い方

手錠 ③

■シリーズ1 2 3

遅くなりました。

続きです。

俺『○美~っ おーい』

あまり体力を使わないように、時間を空けて呼び続けていました。

かなりの時間そんな状態が続いて、時計を見ると9時を過ぎていました。

俺『起きた時は6時くらいだったから・・・あれから3時間か・・・』

ただ、呼び続けたりしていた間に、ずり落ちた掛け布団や毛布を足でなんとか拾い上げ、とりあえずの暖は確保していました。

ただ手錠で固定されている両腕だけは冷えきっていたので、両腕にうまく毛布を掛けれないかなーと思いながら、あれこれ毛布と格闘していたその時です・・・

ゴトンッ

下で何か音がしました。

俺『○美?大丈夫なのか?』

返事はありません。

しかし、最初の音の後にリビング方向に向かって、体を引きずるような音が聞こえて来ました。

そして、何かを探している様な音が聞こえ、それが止むと、また体を引きずる音が聞こえてきました。

その音は階段を登って来ています。

最初の音が聞こえてから、15分くらい経った頃でしょうか。

ドアの向こうに、手が見えました。

俺『○美っ!』

そして、徐々に頭が見え始めた時、

俺『んっ?』

そこに見えたのは、テレビのリモコンを握りしめた彼女でした。

そして、ベッドまで来た彼女が、弱々しい声で

彼女『コーヒー忘れた・・・取ってくる・・・』

俺、声が出ません。

しかし、ハッとして

俺『○美っ!いいからっ 行かなくて!』

全身を強く打ったと見られる彼女が、ベッドに横になります。

血は出てないようで、少し安心しました。

俺『おいっ大丈夫か?』

彼女『うん・・・何とか・・・』

俺『死んだのかと思ったぞ』

彼女『私も・・・』

小学生の頃から柔道をやっていた彼女は、無意識に体に染み付いた“受け身”で体への被害を最小限に防いでいたのでした。

しかし、階段から転げ落ちた衝撃で気絶していた様です。

彼女『はい携帯・・・』

そう言って、テレビのリモコンを力の限りを尽くして渡されました。

俺『・・・ありがとう』

そのまま、彼女は眠り?気絶?してしまいました。

そして、彼女が一応無事だった事でホッとしたのか、そのまま僕も寝てしまいました・・・。

しばらくして・・・

寒くて目が覚めました。

僕『んっ?』

彼女がいません。

何となく布団は暖かいので、少し前までは隣に居たようです。

少しの間、ボーっとしていると、

トントントントン

階段を昇って来る音です。

ガチャ

僕を見て、

彼女『起きた?』

俺『おい、体大丈夫なの?』

彼女『うん、寝たら良くなった。痛いけど。』

あれだけの衝撃で?打撃のケンカしたら勝てないなきっと。

なんて想像しながら、ボリボリと体をかいた。

彼女『フフフ』

俺『どうした?何で笑ってんの?』

彼女『・・・手』

俺『ん?』

うおーっ手錠が取れてる!

俺『えっ?何で?どうやって?』

彼女を見ると、鍵を手に持ってブラブラさせながら、

彼女『怒らない?カバンに入れたの忘れてた。ゴメ~ンねっ』

俺『良かったーって、ふざけるなー!(怒)』

彼女に飛び掛かろうとした瞬間、

ガシャッ

足とベッドが手錠で繋がれています。

彼女を見ると、勝ち誇った様な、蔑んだような目をして、

彼女『昨日の続き始めようか?』

その表情と言葉にゾクゾクっと快感の嵐がやって来て・・・

俺『・・・はい』

そして、史上最高のプレイとなりました。

この事件の後、今まではその日の気分でSとMを交代していましたが、完全に役割が決まってしまいました・・・。

みなさん、手錠と鍵はセットでお忘れなく!

ありがとうございました。

■シリーズ1 2 3

怖い話投稿:ホラーテラー 安比さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ