短編1
  • 表示切替
  • 使い方

気配

僕は安いの日の夕方に暇なので散歩に行きました。

そこらへんをぶらついていたら後ろから気配を感じました。

気のせいかなぁと思ったてまた歩きました。

そしてしばらく歩いているとまた気配を感じました。

しかも気配はどんどん近くなってきています。僕は恐怖を感じました。

僕は走りながらその近ずいてくる気配から逃げました。しかしいくら走っても気配は遠くなりません。

僕は怖いので仕方なくタクシーで家に帰りました。

しかし家に帰っても気配は消えないので僕は家の外を見ていました。

するとそこには包丁をもった女がいましたという夢でした。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん

Concrete
閲覧数コメント怖い
20710
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ