中編4
  • 表示切替
  • 使い方

禁断の地 その1

■シリーズ1 2 3

※季節外れのお話です。1話目は怖い要素があまり出てきませんのでご容赦を…

これは僕が店長を勤めていたカラオケ店の出来事です。

今年もやってきました!

夏の季節です!

サンサンと輝く太陽!!

店の制服も夏服になり、お客様も露出の多い服装になります!

夜から朝までの勤務をしている僕らにとっては…

朝5時の閉店後、外に出た時の明るさが嬉しいのです!

毎年、この時期になると1階のゲームコーナーにあるパチスロ機の売上が上がります。

2階へ続く階段のすぐ下に設置されているからでしょうか?

とにかく夏にはお祭りやコンサート、花火大会などイベント盛り沢山です。

僕達カラオケ店員も、この時期に限っては皆でイベントを強行します!

朝5時に仕事を終わらせ、近くの海水浴場に行き焼肉やキャンプ等を楽しみます。

これは5店舗あったチェーン店が協力し、お店まるごと違う店舗の従業員がまわすと言う方法を取りました。

このキャンプだけはケチな社長も全面協力(アウトドア大好き人間で)

テントも最高級のモノを貸して貰ってました。

今年は街中から車で3時間の大自然溢れる海水浴場を選びました。

参加者は男女混合25名!清掃担当の主婦以外はほとんど参加です。

いよいよキャンプ当日です。

車6台で目的地に出発!

ほとんど大人版の修学旅行でした。

途中で人気の港町に集まり、朝ごはんを食べました。

バイト「店長はあそこ行くの初めてですよね?」

僕「うん、そうだよ」

バイト「俺あそこ好きで良く行くんですよ!」

僕「モグモグ…じゃ詳しいんだ」

バイト「あそこには二つ、名所があるんですけど…一つが日本の綺麗な海百選に選ばれた○丹ブルーの入り江と、もう一つが○丹岬って怖い伝説がある観光名所です。」

僕「いいね〜!皆で多数決とろうか!」

…結果

場所の位置から順番に

綺麗な○入り江→

海水浴場でテント設置→

○岬で夜に肝試し

と、なりました。

…この時は、まさかあんな事になるとは夢にも思わなかったのです。

…途中、近年に大きな崩落事故があったトンネルを通ります。

出口付近に大きな慰霊碑がありました。

多数の若者が亡くなった事故を知っていた僕達は、

慰霊碑の前に車を停めて、全員で手をあわせました。

…その後、車を走らせる事2時間

ようやく目的地へ到着です!

○入り江は少し高い丘を車で登った所にありました。

丘と海の綺麗な境界線が、とても印象的でした。

…駐車場に着きました。

やはり観光シーズンです。ギラギラと照りつける太陽の下、○入り江には沢山の観光客が訪れていました。

駐車場にはハーレーの集団もいました。日本中を旅しているご老人達です。

バイト「かっけ〜!」

僕「いいな〜、お金持ちは…」

車を停めて、高級バイクの群れを横目に目的の入り江まで歩きます…

すると、

人間が一人、ぎりぎり通れる小さなトンネルが目の前に現れました。

…中は真っ暗闇です。お昼なのに、

トンネルの中は傾斜がある上にとても長い様で、出口が見えませんでした。

僕「…このトンネル怖いな…心霊スポットじゃないよね?」

バイト「違いますよ〜!ほら!見てください!」

…アルバイトの指さす方向には、中から出て来る普通のおばちゃんや子供、観光客の姿がありました。

その光景に、全員がホッとした様で、僕が先頭で中に一列で入りました。

中は天然の岩を逆U字型にくり抜いたトンネルで、涌き水が滴っています。

…不気味です。

…そこは面白い事が大好きなスタッフ達。

…ポン!

後ろのスタッフが僕の両肩に手を置きました。

若干、声をあげそうだった僕が振り返ると…

全員が前の人の肩に手を置いています。

…ぷっ!

僕「ムカデより芋虫の行進だよ!」

と思わず、ツッコミを入れました。

誰からともなく、全員が無言でこれを始めたのが、面白かったらしく…

僕のツッコミを皮切りに

トンネル内に皆の笑い声が反響しました。

…そんな事をしている内に出口に到着しました。

僕「おぉ!」

そこを見下ろすと、沖縄の海を連想させる様な素晴らしいエメラルドブルー!!

トンネルから次々と出て来たスタッフ達も歓声をあげます。

皆で記念撮影をし、帰りもトンネルの中を芋虫の行進で帰りました。

駐車場で車に乗ろうとした時です。

スタッフの一人の女の子が、暗い顔をしながら声をかけて来ました。

女の子「あのぉ…」

僕「どうしたの?」

女の子「私の肩にも誰か手を乗せてたんですけど…トンネルから出てみたら…私の後ろに誰もいなかったんです。」

…?

僕「えっ…」

…この出来事から、何かが少しずつ狂い始めました。

…続きます。

■シリーズ1 2 3

怖い話投稿:ホラーテラー 店長さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
27400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ