短編1
  • 表示切替
  • 使い方

○○公園

八年前の私は幽霊など信じなかった…あの出来事が起こるまでは。。。

八年前私は結構なやんちゃをしていた。今となっては恥ずかしいばかりだ。

ある日私は、1人でに大好きだった爺ちゃんのお墓参りにいった。

バケツに水を汲み、お墓を少し掃除し、線香を立てた。

そしてお墓を参り終わっていざ帰ろうとした時、墓石の横から見たこともないおばあちゃんの顔だけが覗き込んでいた。

うわっ!!

思わず叫んでしまった。

おばあちゃんの顔は真っ白で笑ってる歯が全て銀歯だったのを覚えている。

明らかに体がない。

顔だけが私の顔を覗きこんでいる。私は恐怖で動けなかった。

沈黙が5分くらい経っただろうか。

いつの間にか辺りには誰も居なくなっていた。

今まであんなに人がいたのにあり得ない。

おばあちゃんの目が左右に動きだし、大声で笑いだした。

カッカッカカカカッカッカッ。

その瞬間から記憶がない。

しかし夢を見ていた。

見たこともない病院に私はいた。知らない病室の中であのおばあちゃんがいた。

俯きながら何かぶつぶつ言っている。

わたしの存在に気付いたおばあちゃんが一言いった。

道連れじゃ。

その瞬間私は病室のベットの上だった。

あとで何があったのか母親に聞いてみると。

あなた1人でお経を唱えてたらしいわ。

すいません続く

怖い話投稿:ホラーテラー 住吉公園さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ