短編2
  • 表示切替
  • 使い方

ジョン

大学卒業も間近な4回生の冬、実家で飼っていた犬のジョンが亡くなった。

当時私は地元を離れ一人暮らしをしており、母からのメールでそれを知り、泣いた。

卒業して実家に戻った私に、父がこんな話をしてくれた。

ジョンが亡くなってすぐのある夜、父は会社帰りに飲みに行き、たいへん酔っ払って深夜に帰宅した。

しかし、酔っ払っている為鍵がどこにあるか分からない。

そんなダメダメな父なので、普段は父がどんなに遅く帰っても母が寝ずに待っている。

しかしその日は家の電気が消えており、チャイムを押しても誰も出ない。

父は「先に寝やがった!」と立腹し、怒りに任せて玄関フードのガラスを蹴破り、その場でふて寝してしまったらしい。

どのくらい経ったのかは知らないが、父は自分の頬が舐められてるのに気付き、目を開けた。

そこには、ジョンがいた。

酔っ払ってる父はジョンが死んだことなど忘れており「お~ジョン、ジョン」と頭を撫でたそうだ。

ジョンがきゅ~ん…と鼻を鳴らしたところで父はハッと気付き、起き上がった。

「このまま寝たら凍死する…」

私の実家は北国である。まだ雪も残るそんな時期に、ガラスの割れた玄関フードなんかで寝たら確実に死ぬ。

父は近所に住む叔母に電話をかけ、泊めて貰うことにした。

ジョンの姿はもうなかった。

叔母の家に行く道すがら、あれは夢だったのだろうと考えた父だったが、到着した父を見るなり、叔母がこう言った。

「どうしたの、あんた…犬の臭いがするよ」

父は、あれは夢ではないと確信した。

「きっとジョンが助けてくれたんだよ」と、父は私に語った。

父は霊的なものは一切信じない質なのだが、これだけは信じているらしい。

(ちなみに、その日母は先に寝てたわけではなく、祖父の家に出掛けていたらしい。事前にその事は父に話していたが、酔っ払った父は忘れてたそうな…ダメすぎるよ、父)

余談だが、兄も「夢にジョンが出てきて喋った」と言っていた。

「あまり遊んでやれなくてゴメンな」と兄が泣きながら謝ると、ジョンは「いいよ。ありがとう、Sちゃん(兄のあだ名)」と言って去って行った、と。

喋った内容は覚えているが、どんな声だったかは覚えてないらしい。

「ただの夢かもしれんが、俺はジョンがお別れを言いに来たと思ってる」

兄は涙ぐんでそう言った。

私も涙目で頷いた。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名MAXさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
11700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ