短編1
  • 表示切替
  • 使い方

図書室の男の子 5

『図書室の男の子 4』の続きです。

二人は頭を押さえながら、痛みに涙目になりつつ図書室から出て行きました。

私は呆然としながら二人を眺めていました。

やはり後ろから、声が聞こえてきました。Nです。

「大丈夫!?」

いつもは落ち着いて本について語ってくれる彼も、このときは慌てた様子で私を心配してくれました。

私は安心して、Nに泣き付いてしまいました。

さっきのは、Nくんが助けてくれたの?と尋ねると、Nは一瞬だけ戸惑ったような表情を浮かべてから、そうだよ、と言ってくれました。

私はNに感謝の言葉を伝えました。

Nは、最初に私に勧めてきた本のことだけは、如何なる事柄も教えてくれませんでした。知りたければ良く読んでごらん、とだけしか言ってくれませんでした。

私にはそれが妙に悔しく思えて、図書室に行ける日は必ず毎回、その童話を読むように心がけていました。

Nと知り合って半年程経ったある冬の日の放課後、私は暖房の暖かい空気に包まれた図書室で、いつも通りに本を読みながら、Nの雑学を聞いていました。

Nは突然本についての演説をやめ、いつものように落ち着きながら告げてきました。

続きます

怖い話投稿:ホラーテラー ホラー魂さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
10400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ