短編2
  • 表示切替
  • 使い方

廃人

今回は会社の先輩のY先輩の体験談を投稿します。

以下Y先輩(自分)でかいていきます。

あれは3年前の話だ、当時1日に1200kmの長距離便を任せられて、心身共に疲れ果てていた。

同棲していた彼女とも会えずに2ヶ月間の時間が過ぎていた、二人の仲は順調だが、彼女がネットゲームに嵌り、少しオタクになりかけていた。

国道4号線に入り、やっと家に帰れる、自宅まではあと3時間。

電話が鳴った。

彼女からだ、受話器の向こうではゲームの音が聞こえていた。

俺はそれがすごく腹立たしかった、またゲームかよ! どうせゲームの話だろう…。

その時は様子が違かった。

彼女「助けて!!」

俺「ゲームでなんかあったのか?」

彼女「ス、ストーカーが…。」

ストーカー?なんじゃそりゃ?俺は状況が上手く呑み込めなかったが、彼女の声は逼迫している。

俺「家の中にいるわけではねぇんだべ?」

彼女「うん、だけど玄関の前でずっと立ってる…」

彼女「昨日から…」

俺「え…、警察呼べ!警察!」

彼女曰く、警察を一度呼んだが、逃げられたとのこと、「見回りを強化します!」

とだけ言い残し、それから一度も警察は来てないらしい。

警察はいつもこうだ…。

俺「すぐ帰るから待ってろ!絶対に家から出るなよ、窓も開けるな。」

俺は一旦電話を切ると、非番のTに電話をした。

俺「おぉTか?」

T「おぉ、しばらく。どした?血相変えて」

俺「家の玄関の前にストーカー?がいるって彼女が怖がってるんだ、悪いけど様子見にいってくれねぇか?」

T「おぉ、任されよう。着いたら電話する。」

Tとの電話を切り、また彼女へ電話をする、ストーカーが誰なのか、どうしてこうなったのか、問いただした。

先日ネットゲームのオフ会?(あんま詳しくないもんで)に参加したときに仲良くなった男がストーカーになった…らしい。

最初はメールが送られる程度だったが、会いたいと言われ。

断ったら家まできやがったと…。

高速道路に乗り、家まではあと1時間もかからない、ここでTから電話が入る。

積み込みが始まるので、続きます。すいません。」

怖い話投稿:ホラーテラー レゾナさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ