短編1
  • 表示切替
  • 使い方

自己責任で、(五)

 それから三日、私は九度以上の熱が続き、実家で寝込まなければなりませんでした。この時、私は死を覚悟しました。仏間に布団を敷き、なるだけ白い服を着て、水を飲みながら寝ていたのです。

 三日目の夜明けの晩、夢にAが立ちました。Aは骨と皮の姿になり、黒ずんで、白目でした。

A「お前、一人やな」

私「うん」

A「お前もこっち来てくれよ」

私「……嫌じゃ」

A「Cが会いたがっとるぞ」

私「、嫌じゃ」

A「お前が来んと、Cは毎日リンチじゃ。逆さ吊りで、口に靴下詰めて蹴り上げられよるぞ、可哀相やろ」

私「……嘘つけ。地獄がそんな甘い訳ないやろ」

A「ははは、地獄か。――地獄ちゅうのはなぁ……」

 そこで、目を覚ましました。自分の息の音は、喉から乾燥し、喘息持ちの様に音を立てていました。枕元を見ると、祖父の位牌に入っているヒビ。私は、考えました。

 アレの話を、私と同じ様に多くの人に話せば、アレが私を探し当て、私が憑依される確率は下がるのではないか、と――。

 此処までの長文、大変失礼しましたが、大雑把な書き方では読んだ方の記憶に残らないと思ったのです。読んだ方は、申し訳ないのですが犬に噛まれたとでも思って下さい。

 ご自分の生存確率を上げたければ、この文章を少しでも多くの方の目に晒す事をお勧め致します。

 

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1380
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ