短編1
  • 表示切替
  • 使い方

  鍵穴  

ある女の子が地下室の図書室で本を必死に探していました。

その子が気づかないうちに先生は戸締まりをして帰ってしまいました。

今日は終業式です。明日から夏休み。

外から開けられる鍵はないので

外には出られません。

その子はでも怖くないのです。大好きな本があるから。

その子は毎日日記を書きました。

夏休みが終わって先生が地下室の図書室に行くと

女の子は死んでいました。

女の子が書いていた日記を読むと

「私は全然怖くなかった。本があるから。だけど一つだけ怖かったのは鍵穴から除いている目が怖かった…」

怖い話投稿:ホラーテラー 人骨ラーメンさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1410
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ