中編2
  • 表示切替
  • 使い方

廃屋の出来事

この話は暇な方だけ見てください。実話ではありません。

勝手に話しに入ります。

古い廃屋が目の前に

手が勝手に動き、扉をあける。

廃屋の中は四つの部屋に分かれていた。

俺が入った場所は玄関で、その先は通路になっていた。

右に一つの扉があり、左に二つの扉。そして、奥に一つの扉があった。

俺はなぜかわからないが、右の扉を開けてしまった。

なぜ開けたのかは、俺には分からない。体が結うことを聞かない、瞼は閉じれない。閉じていないのに痛くない。

扉をあけると、ソファーとテレビに机があった。窓には何かを打ち付けた跡があった。

俺はなぜかわからないが、ソファーに座った。

座ったとたん、テレビが勝手に付いた。テレビは触れていない。そもそもこの廃屋には、アンテナや電線さえとおっていない。

テレビがつくはずがない。しばらく見ていると、どこからの廃屋の映像が流れた。

テレビに映っていた廃屋は…今、俺がいる廃屋だ。

俺は、すぐに立ち上がった。体は結うことを聞いてくれた。

テレビに映っている画面は、ゆっくりと、廃屋の玄関。つまり、俺が入ってきた場所。

俺は、「まずい、殺される。」

と、思い急いで隠れる場所を探した。

まず、玄関からみて、左の部屋へ入った。

入った瞬間。鼻にツーンと何か腐ったようなにおいがした。

俺はなぜか、気になり、調べた。すると…

棚やキッチンの上や下から、何の動物なのか分からない死体が出てきた。

俺は、その場で吐いてしまった。

その時、扉の外で、扉をたたく音がした。

「まずい!!来た」

俺は、冷蔵庫の中に入った。あいにく、冷蔵庫の中は空だった。

冷蔵庫の中に入って、息を殺した。

外で、玄関の扉が開く音がした。

俺は、心の中で必死に唱えた。「来るな、来るな、来るな…」

ガラッ

と、音ともに俺が今いる部屋の扉が開いた音がした。

「まずい。このまま見つかるのか!?」

ギシギシと音とともに近付いた来る。

もう…駄目だ。

あきらめた瞬間!!扉が開いた。

そこには友人がいた。

俺は「ため息をついた。」

友人は手をのばしてくれた。

俺もなぜかわからないが、手を伸ばそうとすると、どこからなのか声がした。

「早く逃げて。そいつは偽物」

という声が、俺の頭で響いた。

俺は友人のほうを見た。

手を差しのべている。

しかし、俺は思った。「なぜ、友人が俺の居場所がわかったのかなあ?それに、友人の顔が少し変な気がする。」

俺は、そう考えながら、暗い部屋から、外から月の光で一瞬見えた。

友人ではなかった。

恐怖が全身に走った。

友人の体系、顔をしていたが、

そいつは、影がなく、目が白く後ろの肉体は半分腐っていて、悪臭を放していた。肌の色が黒かった。それに、この友人は、今は、外国におるはず。

俺は突然!!殴られたような感じがして気を失ってしまった。

続く

怖い話投稿:ホラーテラー H2さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ