短編2
  • 表示切替
  • 使い方

『天気予報』

いつもと変わらぬ朝だった。

TVのニュースを見ながら朝食と歯磨きをすませ、スーツに着替えてから、7:15から始まる天気予報を確認する。

『続いて、天気予報です。………ガガガ…ギギ……』

んっ?放送事故か?

背景の画面が暗くなり、天気予報士の顔が渦をまいたように歪む。

『今日のあなたの死ぬ確率は5%でしょう』

何っ?

画面が元にもどった。

なんだったんだ?今のは?

その日の通勤途中、前を走っていた車が横転事故を起こした。

偶然だろう。天気予報だって、よく外れるしな。

『本日は晴れ時々曇り、ところにより、人。あなたの死ぬ確率は10%でしょう。』

人?さすがに人は降らないだろう…、まさか…。

ビルの入り口の自動ドアが開いた瞬間、

ダァァァァァン!!!

背後で音がした。

やはり飛び降りだった。

偶然にもほどがある。

さすがに背筋が凍りついた。

『銃警報。あなたの死ぬ確率は30%でしょう』

今日は重要な会議と接待ゴルフだ。休むわけにはいかぬ。

猟銃を持った男がゴルフ場で逮捕された。

毎日、確率が上がっていく。

奇跡的にまだ生きてはいるが、運命とはこういうものなのか?

逆らうことはできないのか?

そして…

『週間天気予報です。週末、核が降るでしょう。あなたの死ぬ確率は99%です』

これはもう、私自身だけの問題ではない。

不老不死でないかぎり、毎日0%なんて人間はいないだろう。

しかし、確率なんぞで人生を決められてたまるか!

絶対にあがいてみせる!

5日後……。

もう、あの不気味な天気予報は流れていなかった。

私は新聞を見ながら、ニヤリと笑った。

『永久平和条約結ばれる』

私は大統領として当然のことをしたまでだ。

世界が平和でありますように……

怖い話投稿:ホラーテラー ソウさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
23900
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ