短編2
  • 表示切替
  • 使い方

生まれる前の記憶

二人目の子供が生まれた

本当は三人目になるはずだったのだが

始めの子供は残念なことに流産してしまった

そんなこともあり、もう子供は半分諦めかけていたのに

長男が生まれそしてその弟まで生まれるとは

神様に感謝である

上の子はもうすぐ3歳で元気いっぱいに遊びまわっている

弟が出来たのが嬉しいらしく5分おきに寝顔を見に行っては

「赤ちゃん寝てた」

と報告してくれる

ふと私は長男にあることを質問してみようと思いついた

質問と言うのは生まれる前の記憶

なんでも子供は3歳くらいまで

生まれる前の記憶や出産時の記憶を覚えているらしい

長男も言葉も達者になったし試すなら今かも知れないと

ちょっとした好奇心から聞いてみた

「ねぇ〇〇

〇〇は生まれる前どこにいたの?」

すると長男はキョトンとした顔をして

「おそらのうえから□□ちゃん(弟)と一緒にママとパパを見てた」

と答えた。

「どうやってお腹に入ったの?」

と聞くと

「ボクはまだ行きたくなかったんだけど

□□ちゃんに押されてママのおなかに入ったの」

と少し下を向きながら言った

まったく子供というのは面白い

咄嗟にこんな作り話を作るなんて

と正直その時は思った

しかし更なる長男の話が私を驚かせた

「でもね。おそらの上には最初3人でいたの

でももう一人は□□ちゃんが蹴ったら死んじゃったの」

鳥肌が立った

勿論流産した話なんか長男にはしていないし

誰もそんな話を長男にはしたこともない

(後日旦那も両親にも確認した)

本当に生まれる前の記憶なのだろうか

赤ちゃんはスヤスヤと眠っていた

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ