ネタバレあり~都市伝説映画~イット・フォローズ

 都市伝説とは、一般的に 比較的新しい時代に作られた民話 を言います。
 都市伝説が題材の映画 「ルール」 で、都市伝説の特徴が挙げられています。
 曰く 「都市伝説は、教訓を伝えている。」
 これは、本当でしょうか? 日本に古くからある(?) もっとも有名な都市伝説で検証してみましょう。
「道に迷った旅人が、ある家に宿を求めた。 ところが、その家の幼子が急に泣き出したので、家人は頼みを断った。 泣いたわけを尋ねると、子は答えた。 だって、あのおじちゃんの後ろには怖い顔をした女の人がいたでしょ。」
 旅人は殺人犯ということですが、完全に 「悪事は露見する」 という教訓です。
 まあ、何が言いたいのか分からない都市伝説もありますが、有名なものは明確な教訓を含んでいるようで、そのような教訓をふくんだものこそ、都市伝説らしいと言えるようです。

 さて、先ほどの 「ルール」 という映画は、都市伝説をネタに使っただけで、まったく教訓らしきものはありません。
 ハウツー番組ならともかく、娯楽映画には教訓など入る余地がないだろう と思っていました。
 が、最近見た 「イット・フォローズ」 という映画に驚きました。
 スリラー好きなら楽しめる低予算作品ですが、教訓のオンパレード。

「セックスは、相手を選ぼう」
「行きずりのセックスは、止めよう」
「性病をうつすのは、止めよう」
・・・ すごく説教臭いと感じるのですが、そう感じない方が多いのでしょうか?

 極めつけは、ラストシーンです。 ネット上では色々言われていますが、私には、
「性病にかかったら、パートナーと一緒に治療しましょう」
というメッセージとしか思えません。

・・・ この映画は、医療関係者からのメッセージを全体的に盛り込んだ、都市伝説映画なのです。

閲覧数コメント怖い
1,21500
  • コメント
  • 他の投稿