珍味珍味

珍味さんへのメッセージ

珍味さま
ずいぶんと暖かくなり花粉に苦しんでいる日々です。
節目の10作目、堪能させていただきました。峰岸氏の今後の活躍に期待しています。

先日は、僕の作品にコメントを頂き、ありがとうございました。

時間が出来たら、再び投稿しようと思いますので、これからも宜しくお願い致します。

実は、本当に、被災地の「ある物」を持って帰ってきてしまったのです…。
天罰、来ますかねぇ…。

珍味様
こんにちは、いつもいつも丁寧なコメントありがとうございますm(._.)m
今回のジャンルはまた新しい所で…素直に読んでのあの展開!やっぱり珍味様です。とても面白く読ませて頂きました。

珍味さん、こんにちは。
今回も楽しく拝見しました。
節目の10回目おめでとうございます。
これからも峰岸シリーズ楽しみにしてます^ - ^

珍味様
お久しぶりでございます。
怖いポチをしただけですのに、わざわざお越しいただいて、丁寧なご挨拶を賜り感謝申し上げます。
回を重ねること10回。
おめでとうございます!
毎回、楽しみに拝見させていただいております。
私も珍味様の作品には珍しい冒頭の閲覧注意にやや身構えて読み始めましたが、皆様もおっしゃっているように、お話の展開上、必要なものだったと思います。
前作同様、また、前作について珍味様ご自身がコメントなさっているように、時を経ても、どんなに文明が進んでも、人間の持つ底知れぬ闇、業の深さ、罪の重さは、変わることがないという宿命ともいえる普遍的な苦悩が、ずしりと胸に響く作品でした。
心霊的な怖さに加え、人怖の要素も多分にあり、創作でありながら、実話のような臨場感に恐怖を感じました。
ご先祖様が、多くを語らなかったことで、読者は、更なる謎と疑問を抱き、その後の主人公に感情移入できたことも、本作を楽しめた魅力の一つだったのではないかと思います。

だいぶ、春めいてまいりましたが、こちらでは、今晩辺りから、すこし冬に逆戻りするとの予報でした。(笑)
まだまだ、油断はできません。
ますます、筆が冴えていらっしゃる珍味様の次回作も期待しておりますね。
くれぐれも、ご無理なさいませんように。

※追伸
英語は苦手です。中学生レベルの英語力しかございませんよ。(笑)
珍味様こそ、かつて、英語圏で働いておられた経験もおありでしょうから。
ご堪能なのではないでしょうか。
あの投稿は、どうやら規約違反だったようですね。余計なお節介をしてしまい、顔から火が出る思いがいたします。サイトの管理者様が、既に削除なさったようですね。私の稚拙な英語のコメントもきれいさっぱりなくなって、安堵いたしました。

珍味様、こんばんは✩
メッセージありがとうございます!
怖ポチのみですみません(;´д`)
峰岸シリーズ大好きなんですよね~♡
いつも興味深く読ませてもらってますヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ
次回作も楽しみにしてます(´∀`*)ウフフ

珍味さん、おはようございます。
遅くなりましたが、峰岸さんシリーズ読みました。
読みやすいし、面白くて大好きな作品です。
次回もすごく楽しみです。
まだまだ寒いですね。
体調崩さないように気を付けて下さいね^ - ^

こんばんは、暫くぶりですね
珍味さんのシリーズは全部読ませて頂いております
今回のはいつも以上にゾッとしました、カタコトが怖さを増幅させてますね
日本のご先祖様×異人の最新怪異、違和感もなく凄く良かったです。

珍味さん、メッセージありがとうございます。
怖ポチだけなのに、いつもお礼いただけて感謝してます。
峰岸さんシリーズ大好きですよ♪
主人公優しいし、ご先祖様も素敵です。
これからもシリーズ楽しみにしています。
私の住む地域は雪とインフルが蔓延してますが、珍味さんは大丈夫ですか?
寒い日が続いてるので、体調崩さないように気をつけて下さいね。

珍味様、おはようございますm(._.)m
またまたポチ逃げの律です…
本作品はもう九作目になるのですね!
どんどん話が深くなっていって面白みが増してますね。疫病が具現化して人間のかたちを成すとは…
また次回作楽しみに待っております^_^

珍味様

お返事ありがとうございます。

珍味様の峰岸さんシリーズの面白さとスゴさに心折れそうなわたしですが、その珍味様から直々に御言葉をいただけて嬉しいです。

珍味様の作品の発想から構成、文章表現に至るまで言わずもがなですが、素晴らしいです。

作品を書くのは楽しいですし、執筆を止めるということは今のところ考えてはいませんが、人様に読んでもらうに値しないような気がして悩んでいました。

元々、自分が楽しむために書いていたものを、とあるサイトで朗読していただき、それがそこそこウケたのを真に受けて、自分のサイトを立ち上げたところまでは良かったんですが、名作、良作が犇めくこのサイトには、わたし程度の作品は投稿すべきではなかったと、今更ながら思うのです。

でも、投稿したおかげで、珍味様や他の方々とも交流させていただけているのは本当に嬉しいです。

今後のことはまだ考えていませんが、もし、需要があるなら細々と投稿してみようかなと思えました。

温かい御言葉をいただけて、本当にありがとうございます。

珍味様

申し訳ありません。

つい弱音を吐いてしまいました。

まだ読んでらっしゃらないなら気になさらないでください。

もし、すでに読んでらっしゃったとしたら、どうか胸の内に秘めておいてください。

ただの戯言です。

これから少しずつ、珍味様のシリーズを拝読させていただきますね。

珍味様
いつもながら、「怖い」を押してポチ逃げした私に、丁寧なコメントをメッセージボードにおよせいただきありがとうございました。
また、身体のことまでお気遣いいただき感謝申し上げます。
感想につきましては、既に皆様が的確なコメントをなさっておりますので、そちらにお任せすると致しまして。
これだけの大作を仕上げられたご苦労を思い、まずは、お疲れさまでした。と言わせていただきたく存じます。

いつもながら、繁栄と文明の狭間にある、現代の闇と申しましょうか、将来的に私たちの命を脅かすことにもなりかねない社会的な問題に対し、果敢に挑戦なさったことに敬意を表します。
深い洞察に裏付けられた問題提起を背景に、破たんのないストーリー展開。起承転結のしっかりした構成と確かな文章力。回を重ねるにしたがって、お先祖様との絶妙な掛け合いも、リアルで楽しみになって参りました。
本シリーズは、珍味様の代表作ですね。
次回作の構想は、もう既に出来上がっているようですね。
楽しみにしております。
恐怖とは、こんな形でやってくるんでしょうね。
あの貞子で有名にをなった「リング」も、ベースに天然痘の感染がございました。
ウィルス感染と呪いの連鎖・伝搬を同じ土俵に乗せ、違和感なく書き上げた、まさしく、「モダンホラー」の先駆けというべき作品でしたが、本作も、全く違うタイプの話ではありますが、私は、底知れぬ恐怖という点からも、よく似ていると思
い、興味深く読ませていただきました。
長々とつまらぬことを書き連ねてしまいまいしたが、僭越ながら、本作のようなすぐれた作品は、もっと沢山の方に読んでいただきたいと願うものです。
 おやすみなさい。

珍味様
こんばんは
メッセージありがとうございます
今回のお話しも怖面白く拝見致しました
疫病が人の姿で続々と入国してきて
引き起こすバイオテロ、怖すぎです…
峰岸氏とご先祖様がいる限り、そんな事態にはならないと思いたいです
次回作も楽しみにお待ちしております

珍味様!
メセボへのコメントありがとうございますm(._.)m
中々コメントに気づかなく…お知らせ届くよう設定変更しましたm(._.)m
短編怖面白かったです。いつでも味がある珍味様のお話凄いです。
また次作楽しみにしています^_^

珍味さん、おはようございます。
短編集読みました。
怖さもあり、面白かったです。
作品がすごく楽しみです^ - ^

珍味様(*˘︶˘*).。.:*♡
ありがたいお言葉を頂き、舞い上がってしまいそうです!
こちらこそ…。珍味様の誠実なお人柄に惹かれるばかりです。それは作品にも溢れています。
これからもどうぞよろしくお願いします。
ありがとうございました。!(*^_^*)

珍味さま、こんばんは。
メッセージありがとうございました。
珍味さまの文章は、面白く読みやすく、更には知識にも富んでいて、もうすっかりファンになってしまいました´`*
一年前どころか、五年前でも十年前でも読みに参る所存です!`・ω・´
初投稿から完成しているにも関わらず、更に進歩を求める珍味さまの姿勢に頭が下がります。
こちらこそ、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

そして、「怨念、滅し難き事」のコメントに脱字が御座いましたこと、こちらでお詫びさせてください。
直そうとすると、編集ではなく削除になってしまうのでどうすることもできず、すみません…><;

それでは今回はこの辺りで、失礼致します´▽`*

こんばんわ。毎回暖かいメッセージありがとうございます。最近は本当に疲れやすくなったのか、読ませていただいても、コメントまでかけずに、もしくは書きながら寝てしまうことが多いです。。。
昨夜も珍味様のページを開いたまま、ぐーぐー寝てました(^o^;)
短編もとても面白怖かったです!峯岸さんシリーズの大ファンですが、短編もとても良かったです→偉そうですみません。。。
また新しいお話楽しみにお待ちしています。

珍味様、はじめまして。
いさと申します。

チキン故「怖い」の押し逃げをやらかしましたのに、わざわざメッセージボードにお越しくださってありがとうございました…!
常日頃から、「無駄なくすっきりとして、わかりやすく、それでいてしっかり怖い」短編が書ければなあと思っていたのですが、珍味様の「不在連絡表」がまさに理想そのもので、速攻怖いポチと読者登録をさせて頂いた次第でした…><*
何も怖い言葉は使っていないはずなのに、台詞だけでもひたすら怖い。極上でした。
シリーズものも大変気になっております´`*
大事にちょっとずつ読ませて頂きますね。(と言いつつ、読み始めたら止まらなくなりそう)

拙作までお読みくださったようで、本当にありがとうございました。
珍味様には遠く及ばないのでお恥ずかしいのですが、コメント頂けてとても嬉しいです´`*

また、コメントや怖いポチに伺うかと思いますので、その時はどうぞ宜しくお願い致します。