中編2
  • 表示切替
  • 使い方

心の傷痕

あれは、僕がちょうど14歳の誕生日を迎えたばかりの、あついあつい真夏の日だった。

僕の家はお父さん、お母さん、お兄ちゃん、そして僕、の4人家族だ。

僕達家族は、いつもみんなで仲良く暮らしていたんだ。

お母さんは優しかったし、お父さんは、たまに帰りが遅くなることもあったけど、休日にはよく遊びに連れて行ったりしてくれていた。

そしてお兄ちゃんは、僕より2つ上で、強くて優しくて、頭も良かったから僕の憧れだったんだ。

だから、僕もいつかはお兄ちゃんみたいな人になりたい。

って思ってた。

僕達は毎年真夏のこの時期になると、おばあちゃんの家に帰ることになってる。

おばあちゃんは、遠い田舎の村に住んでいて、いつも見たことのないお菓子をくれるから大好きだった。

つまるところ、僕は家族みんなが大好きだったんだ。

おばあちゃんの家に行く日の前日、晩御飯はそれはもうビックリする程ご馳走だったんだ。

理由はわからなかったけど、こんなご馳走はめったにないしすごく嬉しかった。

僕は1年ぶりに会うおばあちゃんが、今年はどんなお菓子を用意してくれているだろうかと、楽しみにしていたんだ。

でも、その日の晩のお兄ちゃんはなんだかいつもと違って、機嫌が悪いみたいだったんだ。

気になった僕は

「何か悪いことでもあったの?」

って聞いたんだ

でもお兄ちゃんはなんとなく哀しそうな顔で

「なんでもないから、気にすんな。」

「おまえはもう寝ろ。」

とだけ言って、自分の部屋に行ってしまった。

僕は少しだけ気になったけど、明日は朝早いし眠気には耐え切れず、その日は寝ることにしたんだ。

おばあちゃんの家に行く当日の朝、準備はもう昨日のうちに出来ていたので、朝早くからの出発だったためか、お兄ちゃんはとても眠そうだった。

おばあちゃんの家に向かう途中の車の中で、僕が眠りから覚めかけていたときだ。

どこからだろう、すすり泣くような声と、慰めるような声が聞こえてきたんだ。

誰が泣いているのか、どーして泣いているのか気になってなんとか起きようとしたけど、意識も薄く眠かった僕は、気づくとまた眠りについてしまっていた。

「ほら、起きろ!着いたぞ。」

というお兄ちゃんの大きな声で目が覚めると、僕達を乗せた車はもう、おばあちゃんの家に到着していた。

※また分割でごめんなさい。

続けさせていただきます。

怖い話投稿:ホラーテラー 鏡の女さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
22000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ