短編1
  • 表示切替
  • 使い方

俺の友達

俺は19の時にある事情で友達と二人暮しをした。

そんなある日、俺が仕事から帰ってくると俺の部屋の窓が開いていて友達の話し声がした。

『アハハ!マジで!?それって凄いじゃん!』みたいな感じで。15分くらい外で聞いていた。

俺は『誰か友達が来てるのかな?』って思い。部屋に入った。

そしたら友達は1人だった。

『おう!おかえり!』って言われて。

『あ、あぁ〜ただいま。あれ?お前、誰か友達来てんの?』って聞いてみたら。『友達?いや、誰も来てないけど』って言うわけで。電話してたのか!と思い聞いてみたら。

『え?誰とも電話なんかしてないよ』って言われた。かなり不気味に思った。

よくよく考えてみたら俺の友達はもの凄い独り言を言う奴でそれはそれはかなりうるさい奴だった。

ある意味怖い話。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
61200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ