短編1
  • 表示切替
  • 使い方

明かりをつけたら

これは俺が体験した話です。

俺は今、やっと実家から離れて一人暮らしを始めました。

何とも言えない開放感と自由な身は本当に感動させられます。

しかし、事件は起こりました。

俺が夜中にテレビを見ていて、ふと時計を見るともう2時を回っていました。

そろそろ寝るかなぁと思い、テレビを消そうとしたら電気のブレーカーが急にパッと落ちてしまいました。

「まじかよ…」

仕方なくライターを着けて、ブレーカーの所に向かおうとつけた瞬間、俺は確実に見てしまった。

髪はボサボサで、目まで隠れていて、ボロボロの口が不気味に微笑んでいて、服は汚い茶色のワンピース姿の女が玄関の前に立ち尽くしていました。

俺はびびってしまい、ライターの火を消してしまい真っ暗闇の中、何の音もたてずにただ息を潜めていた。

逃げれば良かったが、かなり怖かったから腰を抜かしてしまいました。

10分位でしょうか、急に電気がついてテレビもさっきまで見ていたやつがまだやっていた。

俺はその日怖くて、電気をつけたまま寝ずに朝を迎えました。

あの女は一体なんなのかいまだに分かりません。

俺はまだ住んでいますこの家に……

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1570
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ