ある殺人者の話 (コピペ)

長編9
  • 表示切替
  • 使い方

ある殺人者の話 (コピペ)

結構長い話です。文にまとめるの苦手なのでうまく伝えられないかもしれませんが良かったら見ていってくださいな。

数年前、私は通信制高校に通い死ぬ気で勉強して何とか国立の大学に受かった時の話です。

大学に行って講義を受けて一人暮らしのためにバイトをやり、休みの日には飲み会。

普通の日々を過ごしていた時にある事件が起こりました。

その日は薄曇りの空で風が冷たい日でした。

私はバイト先に向かう途中でした。

丁度信号が赤になりました。

横には20代後半くらいの母親と小学1年生くらいの女の子が泣いていました。

女の子の前にはアイスが落ちていました。

「落としたアイスは食べられないの。また新しいの買ってあげるからもう泣かないで」

「やだやだやだ、今食べたいの!今買って!」

泣き止む気がしない女の子を見て、

そういえばこの前焼肉屋でもらった飴があったような。

信号が青になり、私は女の子の視線に合わせるためにしゃがみこみ女の子に話しかけました。

「これよかったら食べて、アイスのかわりにはならないと思うけどお母さんを困らしちゃ駄目だよ」

と飴を手のひらに乗せいいました。

「あっ、ありがとうございます。ほら咲弥(仮名)なさい。」

ツインテールが似合う女の子は泣き止み微笑みながら手を伸ばし飴を取ろうとした瞬間、

私の目に写っていた二人の親子がいなくなり、いつの間にか目の前にはトラックだけがありました。

何が起こったのか分からずただ放心状態で意識が飛ぶような感覚がしました。

意識がはっきりしてきた時には私はパトカーの中にいました。

がっちりとした体格の良い警官が何が起こったのか説明してくれました。

「酔って運転していたトラックの運転手が君の横を通ったらしい。横にいた親子は残念な事に亡くなった。」

私は初めて死を身近に感じ、手足が自分の物ではないほど震えていました。

「思い出せる事なんでもいいから話てくれるかな?」

私は女の子がアイスを落として泣いていて、飴を上げるために親子を足止めしてしまったことを言いました。

涙は出てなかったと思います。

ただ私のせいでまだ幼い命、その幼い命を育てる人の命を奪ってしまった自分が恐ろしいと感じていました。

「そうか。よく話してくれたね。ありがとう。でも君のせいではないんだよ。悪いのは酔って運転した人だ。自分を責めては駄目だよ。」

そんな同情染みた言葉なんてその時の私にはどうでもよかった。

ただ早く帰りたい。

帰ってこの汚れた体を洗い流したい。

そんなこと思っても人が死んでいるのでそう簡単に帰してもらえず、帰った時には日が暮れていた。

シャワーを浴びながらお葬式には行くべきだろうか。などと考えていた。

その日は軽く食パンを食べて眠りについたと思う。

お葬式当日どんな顔をしていけばいいのか分からなかった。

行く途中事件の後の警官の言葉が何度も頭に浮かんだ。

「そのことは遺族には言わない方がいいと思う。話すのは君の自由だが第二の事件が起こらないためにね。」

どういうことなのか事件が合った日にはよく分からなかったが、今はよく分かる。

私があの時考えてた様に私が引き止めなかったら親子は助かっただろう。

運転手は親子と共に他界している。

愛する家族を失った家族は何に向かってこのどうしようもない感情を投げつければいいのか。

私は自然と足が重くなっていた。歩みが遅くなっても進んでいればかならず目的地にたどり着いてしまう。

「はぁー。どんな顔でいけばいいんだ…。」

この言葉を何回歩きながら口にしただろう。

目的地の周辺をしばらく歩いていた。

事件の日の警官が言っていたと思われる言葉を思い出す。

「君のせいではないんだよ。悪いのは酔って運転した人だ」

そうだ。何を悩んでいるんだ。私は泣いていた女の子に好意で呼び止めたんだ。

トラックが来ると分かっていれば呼び止めたりはしなかった。

悪いのは運転手だ。悪いのは運転手だ。悪いのは運転手だ。

私じゃない。私じゃない。私じゃない。

何度も呪文のように頭で繰り返しながら会場に向かった。

さっさとやるべき事を済ませはやく帰りたい。

もう存在しない親子に向かい手を合わせる。

私のせいじゃないよ。あなたたちの時間を奪ったのは私じゃないよ。

そんなことを思っている自分に嫌気がさした。

何やってるんだろ。こんなこと言いに来たのかな。

さっさと帰ろうと足を上げたとき、呼び止められた。

「君は事件の時、近くにいた人じゃないですか?」

他界した父親がもう死にそうな顔でこちらを見ながらいった。

「はい。いました。」

余分な事などしゃべらないようゆっくりと言葉を返す。

「大変だったろうね。あのときのこと覚えているかな?もし私の家族たちのことを見ていたらなんでもいいから教えてくれないかな。なんでもいいんだ。

最後に笑っていたのか、泣いていたのか、どんなことでもいいんだ。」

私は死にそうな顔の父親の顔を見てあのときの事を言おうか迷っていた。

言ったらどうなるんだろうか。恨まれるのだろうか。

私はもう恨まれてもいいと思って言うことにした。

さっき手を合わせた時に馬鹿げた事を考えていたことに罪悪感みたいなものを感じていたからだ

あのときのことをゆっくり父親に話した。

「そうか。じゃあ笑ってたんだな。良かった。良かった。それだけでも分かって嬉しいよ。泣いてなければそれでいい。ありがとう。ありがとう。」

何度もお礼を私に言っていた。

その言葉は私にどれだけ救いを与えたのだろうか。

しかしそのときその救いを感じられなかった。

家族はもう一人いた。

私がお葬式の会場に入ったときずっと俯いていた人だ。

兄がいたのだ。

私が事件の事を話し終わった時兄は私をまっすぐ見ていた。

私は顔を合わせられなかった。

瞬きもせずただ私だけを見ていた。

その視線があの救いの言葉を打ち消していた。

私が帰ろうとした時、兄・健二(仮名)が何か呟いた気がした。

何を言ったかよく聞こえなかった。

「なんで、母さんと咲弥が死んで、あいつが生きてるんだ。あいつが代わりに死ねば良かったのに。」

そう聞こえた気がした

私は逃げるように家に帰りすぐベットに行き眠りについた。

私は何処かわからない場所で走っていた。

ここは何処だろう。なんで走っているんだろう。

でも歩いてはいけない。あいつがきている。

すぐ近くまできている。歩みを止めてはいけない。

はやく逃げなきゃ。遠いとこまで。

あいつがいないとこまで。

私は目を覚ました。

汗でびっしょりになった体が気持ちが悪かった。

シャワーを浴びならがさっきの夢を思い出す。

夢は現実に見たものの鏡で今まで感じた事が混ざり合って夢を見る。

と何かの本で読んだ気がする。

いままで何かに恐れて走ったことなんてあるっけな。

今日は彼女に会うから明るい顔でいなきゃな。

などと考えながら鏡を見ていた。

彼女と会って数時間が立ちすっかり昨日のあのことなど忘れた気がした。

ファミレスでお昼をとる、料理が運ばれてくるまでの時間を過ごす。

「今日、朝会った時死んだような顔してたから、びっくりしたよ。」

「そうだった?自分では分からなかったな」

「でも今は元気だからきっと気のせいだったと思うよ」

事件のことは彼女には話していなかった。

学校の事などを話しながら昼食を取る。

彼女と会って元気になるのは自分でも感じいた。

でも何故か嫌な予感がしていた。

「ちょっとトイレいってくんね」

そう言い彼女は席をはずした。

気のせいか。

軽く風邪でも引いてるのかなと思ってガラス越しに見える風景を見ていた。

何故かその風景が怖かった。

なぜだろう。

どこが怖いのだろう。いつもと変わらない風景なのに。

ガラスの壁に反射してファミレスの店内が写る。

私は凍りついた。

あの時、あの葬式の時、あの恐ろしい目。

何もかも壊してしまいそうな目。

健二がまっすぐ見ていた。

あの時と同じよう瞬きもせず、ただまっすぐに。

その日昼食を食べた後すぐに車で彼女の家まで行きそこで日が暮れるまで過ごした。

自宅は7階建てのマンションの5階にある。

いつも階段で音を立てないようにのぼっている。ゆっくりと昇る。

毎日階段昇る人は試してほしい。結構運動になるから。

この日は疲れていたので階段でいくかそれともエレベータで行くか少しの間悩んだ。

こういう時こそ自分に甘えては駄目だと思い階段で行くことに決めた。

音を立てないようにゆっくり昇り4階に着いた。

あと一階だ。

と思いながら5階に繋がる階段に向かった。

あと半分で5階というところでふと私の家のドアの前に人影がいるのが見えた。

誰だろう。

友達かな?などと思いながら進もうとしたとき、人影が動いた。

月明かりに照らされた人影は健二だった。

何で。何でここにいるのか。どうして分かったのか。

こんなこと考えている場合じゃない。逃げようとしたとき自分の体の異変に気づいた。

足が思うように動かなかった。人影はそんなこと気にもしないでどんどん近づいてくる。

階段に隠れるようにしゃがみ4階へと続く壁にひっそりなんとか身を寄せた。

健二は階段ではなくエレベーターで降りようとしていた。

エレベーターが5階へと向かい始める音が聞こえた。

私の心臓が大太鼓のようにドンドンなっている。

その音が健二に聞こえてしまう気がした。

『チンッ…』

エレベーターが5階につき音が鳴った。

永久に続くかと思われた時間が動き出した。

エレベーターが5階から1階に向かい始めた。

ふと無意識にエレベーターの方を見てしまった。

気のせいか。健二と目が合ったような気がした。

その日も夢を見た。

私が健二を金属バッドで殴っているのだ。

何度も。何度も。

家が何故か知られてしまったので気軽に出かけることができない。

それでも空腹は待ってはくれなかった。

冷蔵庫は一時間前に見て何も食べるものがないことは分かっているので他を探す。

インスタントラーメンあったっけな。などと言いながら食器棚を探す。

普段は健康のため自分で料理をするのでインスタントラーメンなどあるはずもなかった。

しかたなく友達に昼飯奢るからと電話し、向かいに来てもらい食事をとった。

その日は家に帰る気がしなかったので友達の家に泊まることにした。

次の日は大学の講義に出ないといけないので一回家に帰らなければならなかった。

朝早く友達の家を出ることにした。

前の晩のようにまた階段から昇ることにする。

もしあの時エレベーターで行っていたら見つかっていたかもしれない。

見つかっていたらどうなっていたのだろうか。

案外事件前の様子を聞きにきたのかもしれないな。

そうだ。きっとそうだろう。自分に言い聞かせながら5階へと向かった。

5階の自分の部屋に無事着いた。

自分の部屋を見渡して何でこんなに神経質になってるんだろうな。

などと考えながら大学に行く準備をして早めに家を出て講義の時間まで喫茶店にいることにした。その日は特に何もなかった。

平凡な日々に飽きていても結局人間は平凡な日々が一番だなと思い。シャワーを浴びてその日は早めに眠りについた。

その日も夢を見た。どんな夢かは起きたときには忘れていたと思う。

起きた時はまだ午前4時だった。

「まだ寝れるな…トイレに行ってもう一眠りするかな。」

トイレに向かい用を済ませベットに向かおうとしたとき玄関に何か落ちていた

何だろう。と玄関に向かった。

黒い封筒が落ちていた。

そのときにはもう眠気など微塵も感じていなかった。

中を見たらワープロで書かれた白い手紙が2枚入っていた。

手紙はもう残っていないので文字全て合っているか自身はないのだがたぶんこんな感じだったと思う

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
53300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ