短編2
  • 表示切替
  • 使い方

The Porcelain Doll

豊かで幸せな十代の女の子が母と店を歩いていて、美しい磁器の人形を見つけました。

女の子はそれが自分のコレクションに相応しく思えましたので、母にそれを買うよう要求しました。

母は合意して、彼女のために買ってくれました。

女の子は帰ると、すぐに人形を取り出して、ベッドの上に置きました。

彼女は、それから部屋を出て、友人の所へ遊びに行きました。

家に帰ったときは遅くなっており、彼女は疲れていました。

彼女は部屋に行って、自分のパジャマをつけて、ベッドにくるまりました。

翌朝起きたとき、彼女はメモが彼女のベッドのそばに彼女のランプに付けられるのを見ました。それは彼女の母からでした。

次の日曜日にまで、仕事の用事があって町の外にいると書かれていました。

彼女はあくびをした時、頬が痛いと気がつきました、しかし、その時はあまり注意を払いませんでした。

その後、服を着て学校に行きました。

彼女が起きる度に、頬の痛みは2、3日に続きました。

さすがに気になったのでフルボディ鏡まで歩いて見ると、頬の大きな醜いこぶに気がつきました。

それがニキビであったと考えて、彼女はそれをしぼりました...

しぼったとき、彼女は全てを悟りました。

ニキビだと思ってしぼったものは、小さい、たくさんのクモでした。

彼女は叫びました。

しかし、誰も家にいなかったので、誰も彼女の話を聞きませんでした。

彼女はクモをひっかきました、しかし、その数は100万以上はあるのではないと思うほど多く...

そして、彼らにあちこちを噛まれて毒で死にました。

彼女が買って貰った人形には、買った時から既にクモの巣が貼ってありました。

怖い話投稿:ホラーテラー Keroさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ