中編3
  • 表示切替
  • 使い方

わかった。

まだ諭すには早すぎたようだ。

皆さんが聞きたい内容は同調し易い身近な内容だろう?

解りにくいと仰る方は仰る方の今までの経験上、理解して想像し、

同調ができる内容ではないから。

少し説明も多すぎた。

何かが足りないと仰る方はある程度諭している。

もう一歩、先をしりたいのだろう?

皆がついてこれるまで待ってくれ。

授業と同じだ。

今回は同調しやすい経験話にする。

次回はリクエストにしよう。

何について諭してほしいのか、どのような経験を話してほしいか教えてくれ。

ちなみに個人は視ないからな。

面倒な事になる。

さて、

恐怖とは経験、知識、常識をもとに作られる。

「思い込み」

不安が重なり恐怖になる。

布団に入り電気をけす。

目を瞑り、今日も暗闇の中で考えてしまうだろう。

いたらどうしよう。

でたらどうしよう。

19時前の夕立。

生温い風が雷をもたらし雨を降らせる。

今日は傘を持っていない。

あと少しで家につく。

間に合わなかった…。

パンツの中までびしょ濡れだ…。

昔のCMではない…。

家に帰りすぐ風呂に入る。

風呂場は入り口を入ると4畳程の洗い場。左に浴槽がある。

集合団地特有の小さな風呂場。

二人は同時に入れない。

正面にシャワーノズルをかけ、下を俯き、頭を洗う。

「ゴロゴロゴロ…バリバリバリィッ!」

雷が落ちた。

徐々にお湯が水になる。

薄目をあけシャワーをとめた。

窓から入り込む街灯が風呂場を薄暗く照らしていた。

停電している。

お湯がでないので下を俯きまつ。

流石に水では風邪をひく。

1分程たってもまだつかない。

「ポタンッ…ポタンッ…」

天井から落ちる水滴の音が響く。

人間は予め起こる事実を予測する。

「身構え」

予め起こる事実を予測し行動に備える。

最悪のケースを考えて。

皆さん思うだろう。

こうだったら、ああしよう。

そうであればこうしようと。

車の、かもしれない運転と言えば想像できるだろうか。

「心構え」

車と同じだ。

予め起こる事実を予測し覚悟する。

ただ、恐怖の場合は無意識に脳が想像させ覚悟させる。

思いが重なり不安になる。

不安が重なり恐怖になる。

「ドクン、ドクン」と心臓の鼓動が聞こえる。

合成のやつはよく出来ていた。

中には当然本物もあったが…。

ふとWebサイトで見た心霊写真を思い出してしまう。

橋の鉄柵の隙間から覗く青白い顔、

河原に立つ全身ずぶ濡れの女、

親子写真には親と子の間に青白い手がうつる。

入浴時の写真には浴槽の水中に漂う青白い顔。

どれも気持ちが悪い。

まだ電気がつかない。

不安が恐怖になる…。

風呂場の空気が重くなり、耳鳴りがする。

ついつい体がかたまり耳をすましてしまう。

「ポタンッ…ポタンッ…ポタンッ………、ドッ…ドッ…ドッ…ドッ…」

水が落ちる音がかわった。

水漏れしている所にバケツをおいた音と同じ。

左にいる。

想像してしまう。

浴槽から覗いている。

心霊写真と同じやつが。

下を俯いたまま薄目をあけ横目で浴槽をみる。

「ゴロゴロゴロ…バリバリバリィッ!」

雷が鳴り響く。

まだ電気はつかない。

思いが重なり不安になる。

不安が重なり恐怖になる。

恐怖が重なり現実となる。

今日もまた、夕立だろうか。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ