中編2
  • 表示切替
  • 使い方

ホラー映画

大学生の時の話。

その当時、ぼくには気になる女の子がいた。

そして、夏休みにはいったこともあり、勇気を出してその子(以下Aちゃん)を映画に誘った。

Aちゃんは、映画に行くことを了承してくれた。

そして当日、映画館の上映予定表を2人でみながら、何を観るか話し合っていた。

おれ「何観よっか?」

Aちゃん「私なんでも好きだから決めていいよ」

以下おれの思考回路

ホラー映画を観る

   ↓ 

Aちゃん怖がる

   ↓

横には男らしいおれ

   ↓

Aちゃんがおれを好きになる

   ↓

めでたしめでたし

という完璧なプランができあがった。 

おれ「じゃあ、呪怨2観よっか?」

A「え〜、私怖がりだから無理だよ〜」

おれ「大丈夫大丈夫、たいしたことないよ。おれ幽霊とか怖くないんだよね。」

Aちゃん「わかった〜頼りにしてるから笑」

みたいな感じでプラン通りホラー映画を観ることになった。

チケットを買った後、お決まりポップコーンとジュースをゲトると2人並んで座席についた。

そして、映画が始まった…

上映中、横をみるとAちゃんが不安そうにスクリーンを見つめている。

おれ(これはマジでいいところをみせるチャンスだ!!頑張れ自分!!)

とか考えながら怖いシーンをわくわくしながら待っていた。

そして、映画も中盤にさしかかり、何かが起きそうな無人の家を探索するという期待できそうなシーンに突入した。

映画の主人公が探索していく間に、急に物音がなったりとか、黒い影が通りすぎたりとかの演出の度に、Aちゃんが怖がりながら自然とおれの方に寄ってくる。ホラー映画を観ながら、おれの顔は完全にニヤついていた。

そして、主人公が長い渡り廊下を歩くというシーンになった。

主人公が歩いて行くと目の前に虫(ゲジゲジ)が威嚇しながらたちふさがっている。

そして、次の瞬間そのゲジゲジがこっちにむかって飛びかかってきた。

それを観たおれはどうなったかというと、あまりの恐怖に「ひゃはっ!!」という奇声を放ち、手に持っていたポップコーンコーンを辺り一面に撒き散らしていた。

そう、おれは虫が苦手なのだった。

おれがぶちまけたポップコーンは、前の座席の人の頭にふりかかっただけでなく、横にいたAちゃんの綺麗な髪の毛に巻き付いていた。

そのあと、映画が終るまでおれとAちゃんは一言もしゃべらなかった。

後日、おれはAちゃんに告白したが振られた。

でも、その理由をおれから聞くことはなかった。

だって…わかっていたから。

「ひゃはっ!!!!」

       (終)

怖い話投稿:ホラーテラー ピエロさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
26100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ