K市で起こった連続通り魔事件

短編2
  • 表示切替
  • 使い方

K市で起こった連続通り魔事件

幼なじみ(女性)から遊びの誘いの電話がかかってきました。

彼女の結婚を境に疎遠になっていたのですが、他の友達とも疎遠になってしまったらしく、「地元には友達と呼べる人がいなくて寂しい」と嘆いていました。

専業主婦で家にこもりきりのため、人との出会いが無いのが寂しさに拍車をかけていたようです。

久しぶりに会い、彼女の運転でドライブに出かけました。

昔からそうなんですが、車中では私が愚痴をこぼすばかりで、彼女は微笑んで聞き役に徹していました。

ただ気になったのは、今日会ってから一言も旦那さんのことを口にしていないことでした。

周りに友達がいない彼女にとって、旦那さんは唯一の心のより所だったはずで、旦那さんと何かがあったから、こうして急に誘ってきたのかな?と思いました。

方々を遊びまわって夜も更けたころ、私が「今日はお疲れ!」とねぎらってそろそろ帰ろうという雰囲気を出すと、彼女はわかったという顔をして車の方向を変えました。

しかし私の家(実家)とは逆の方向へ走り出しました。

まだ遊び足りないのかな?と思い、しかたない、付き合ってやるか。と諦めました。

車はあるトンネルの信号の前で止まりました。

トンネル内部はやたらと明るく照らされてパトランプも回っており、奇妙な感じがしました。

「事件でもあったのかな?」と私が言うと、彼女は「最近このへんで通り魔があったの」と何でもないことのように言いました。

私が驚いて「そういえばそんなのあったね!若い女の子ばっかり。犯人まだ捕まってないんじゃなかったっけ?あんたも夜道は気をつけなよ!」と言うと、彼女は言いました。

「もう捕まったよ」

地元で起こった事件だったので、ニュースを追いかけていたものの、事件が解決済みであったことを私は忘れかけていました。

確かまだ容疑者は犯行を否認していて、だからいまだに現場付近は警戒中なんだ、と思いました。

自分の記憶力のいい加減さに呆れて、「なんだよかった。一応解決したん…」と言いかけて、ふと彼女の今の苗字が頭に浮かび、ハッとしました。

「犯人、あたしの旦那だったの」

怖い話投稿:ホラーテラー 三十路の名無しさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
68000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ