短編1
  • 表示切替
  • 使い方

タクシー

今から10年ほど前のことです。

夜9時頃、車で信号待ちをしていた時のこと。

ふとバックミラーを見ると、

後ろには少し離れてタクシーが止まっていました。

タクシーの運転手がバインダーに

業務日誌をつけているかのように見えたその瞬間、

バインダーの後ろに何か文字が書かれていました。

「親の仇」

しかも、その運転手は明らかに

こちらのバックミラーに見えるように

その文字を掲げていました。

信号が青になったので私は車を走らせ、

さっきの出来事は見間違いだったのだろうと

思い込むようにしました。

しばらくして信号にひっかかると

運転手はバインダーを掲げ、再び見せてきました。

「親の仇」

その後は恐ろしくなったので脇道に入ると、

タクシーはついて来ず助かりましたが、

あの出来事は一体何だったんだろうと

今も書きながらも背筋がゾクっとしております。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4281
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

状況的にも地味な怖さを感じます。