短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ほんの数分前の話。

自分の部屋でテレビを見ながら寛いでいた。

喉が渇いたんで、キッチンに行き、冷蔵庫を開けたが、飲み物のストックは無し。

我慢出来そうにないんで、仕方なく近くの自販機に向かった。

玄関を出て、坂道を少し下った先に自販機はある。

夜風に吹かれて、この頃寒くなってきたなぁなんて思ってた。

自販機まで数メートルってとこまで来て、視界にオレンジ色の光が入ってきた。

正確に言うと、そのオレンジ色の光は空から落ちてきたように見えた。

あれは流れ星かな?

隕石かな?

なんて思っていたんだけど、やけに落ちるスピードが遅かった。

そしてその光は一軒の家の屋根あたりで消えたように見えた。

もし隕石だったらスゲーと思って、ジュースも買わずに、その家に向かってダッシュした。

そしたらその家の玄関先にボヤ〜って光る物が見えた。

提灯だった。

どうやらお通夜をしているみたいだった。

あの光はなんだったんだろう?

人魂だったんだろうか?

怖い話投稿:ホラーテラー 紅天狗さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16010
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ