ゾッとする話(しょうもなさすぎる)

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ゾッとする話(しょうもなさすぎる)

僕は、大手の証券会社で働いている。

まだ、平だが明日の朝8:00に予定されている会議のプレゼンが成功したら、かなりの昇進が見込める。

プレゼンの準備は完璧だ。

必ず成功するだろう。

でも、一つ心配な事がある。

最近、悪い夢を見るのだ。

長い髪の女の人が、全速力でこちらに走ってくるというものだ。

寝るのは、夢を見るので嫌になっていた。

しかし、明日の事もあるので早く寝ることにした。

布団に入り、目を閉じる。

夢を見た。

あの、悪夢ではなく、お花畑でかわいい女が走り回っているというものだ。

朝8:00に目が覚めた。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
15600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ