中編3
  • 表示切替
  • 使い方

誰の問い?

 みなさんも、「怪人アンサー」の都市伝説をおききになったことがあると思います。

10人で円をつくるように並び、同時に隣の人の携帯に電話を掛ける。

当然、すべての携帯は電話中となり繋がらない。

しかし、1つだけ、1人だけの携帯は「怪人アンサー」のもとに繋がるという・・・。

 ただ残念なことに、この都市伝説は出どころも、創作であることも知られています。

 ところが、この体験談はその事実を知る以前、

私が高校生だった頃の話です。

 当時、私には特に仲の良い友人が3人いました。

仮にA君、B君、C君とでもしておきましょう。

授業などでグループを作るときも大概この3人と一緒でした。

 ある日、ラジオ好きのA君が「怪人アンサー」をためさないかと言い始めました。

おそらく、お気に入りのラジオ番組で紹介でもされたのでしょう。

何を言ってるのやらと思いましたが、どうやら本人も本気で言っているわけではなく、

単純に話のタネにしたかっただけのようでした。

結局他の二人の悪乗りもあり、4人で試すことになりました。

 

 高校生4人が机を囲むように立ち、それぞれの携帯に電話している風景は、

それなりに恥ずかしかった記憶があります。

がっ、とにかく試したのです。

プップップップ・・・・ツーツー・・

当然繋がりません。

他の3人も同じようでした。

その後、未だ通話中の携帯4機を並べ、ふざけた乗りで、

どうして失敗したんどろう?などと軽口をたたき合い、

C君が「そもそも人数が足りんだろ~」と返していたことを覚えています。

 そう、確かC君がそう返した次の瞬間だったはずだと。

 

 A君がいきなりビクッと震え、顔面を蒼白にし固まったのです。

こちらまで唖然とするほど唐突な変化で、黙ってしまった私達をよそに、

鳴り続ける携帯の音がやけにはっきり聞こえていました。

 そう、未だ通話中を報せている携帯。

その携帯に向かってゆっくりとA君が手を伸ばし、それを耳もとにあて再び固まったのでした。

 私が見た感じでは、それまでどの携帯もどこかに通じている様子はありません。

 ですが、A君は携帯を耳にあて、何者かの話に聞き入っているように見えます。そして、震える唇を開き会話を始めるのでした。

ただし、どれだけ耳を凝らしても話は聞こえようにありませんでした。

A君が口を動かせども、声は放っていなかったのです。

それは恐怖のあまり、声が出なかったのかもしれません。あるいは・・・。

 電話が終わるのも唐突で、A君がいきなり携帯を畳み、そのまま走りさってしまいました。

 「怪人アンサー」は電話に出ると、その場にいる全員の質問に答えるそうです。

だが、その見返りに誰か1人に質問してくるといいます。

その質問に答えられなければ体の一部を奪うとか・・・。

 家に帰った私は、もしかしてA君はいきなり質問されてしまったのでは、

っと考えたものでした。

 次の日、A君は学校を休みました。何でも体調不良だそうです。

 ただ、B君も学校に来ませんでした。担任も連絡がつかないようで、どうにも不安な1日でした。

 その後A君は普通に学校に出てこられるようになりましたが、

B君を学校で見かけることはもうありませんでした。

また、A君は私とC君を避けるようになりました。

 

 後でわかったことですが、B君はあの日の夜に車に撥ねられ、それ以来意識が戻らないそうです。

 それからしばらく経ち、みな大学や就職などでバラバラに分かれていきました。 

 ですが、私は実家に帰った際、A君と会う機会があり、あのときのことを尋ねたのでした。

 分ったことは、A君は実はB君のことが嫌いだったこと、昔いろいろあったらしく、

本当に碌でもない書くに堪えない話なので申し訳ないですが、省きます。

 そして電話に、

 「だれならいい?」

っとさんざん尋ねられたらしいという事です。

 あの時私には聞こえなかった電話の繋がる音が、

A君には聞こえていたのでしょうか。

電話の声の「誰ならいい」は何に対しての「誰ならいい」だったのでしょうか。

そもそも電話の声は誰だったんでしょうか。

 疑問は尽きませんが、ここまでとさせていただきます。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
20410
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

は?オチがイミフ…