短編2
  • 表示切替
  • 使い方

事故

昔々のお話。

当時私が5〜6歳、弟が3歳頃住んでいた家の裏に、踏切があった。

随分と昔なので記憶が曖昧だが、今のように踏切に柵やフェンスなんかなく、普通に線路上へ入れたと記憶している。

弟にも私にも、いつも遊んでいる近所の子供達がいて、その日も弟は近所の子達と踏切付近で遊んでいた。

夕方、私と母が家にいると、近所のおじさんが血相をかえて家に飛びこんできた。

「○○くん(弟)が電車に轢かれた!!」

私も、母も、呆然。

急いで外へ飛び出した。

踏切付近には人だかり。

騒ぎの中で、女の人の泣き声と叫び声が聞こえる。

「A!いやぁ!どうして!」

その女の人をよく見ると、弟がいつも遊んでいた子の母親だった。

Aが……ということはやっぱり弟も……。

横で母も同じことを思っているのか、泣いている。

すると後ろから、

「ママ!」と聞き覚えのある幼い声が。

声のほうを向くと、父に抱かれる弟がいた。

なんでも、夕方前に弟は先に帰ったらしい。

家には帰らず、理由は忘れたが仕事が早く終わった父と一緒にいたと。

その日もやはりいつものようにA達と遊んでいて、もしも先に帰っていなければ…。

家に知らせに来てくれた近所のおじさんは、いつも弟がA達と遊んでいたために、弟も轢かれたと思ったらしい。

それでも、手放しでは喜べなかった。

それから何ヶ月か後、

踏切付近をAの母が徘徊する姿をよく見るようになった。

噂では精神的に病んでしまったAの母が、子供の誘拐未遂事件をおこしたらしい。

旦那さんが近所に頭を下げて回る姿をよくみた。

けれどあんな事故があった後では、誰も彼女を責められなかった。

それから少し経って、我が家はその地域から引っ越した。

引っ越した理由は、大人になってからも知らなかった。

二児の母になった私は、最近久しぶりに会った母に、理由を聞いた。

「ああ…、あの誘拐未遂の噂がでた後、Aのお母さんが○○(弟)を連れていこうとしてて…。

それがちょっと普通じゃなくて、必死に○○を踏切に連れていこうとするのよ。

○○くん、あそこで遊ぼうって。

そんなことが何回もあって、○○が心配になって引っ越したの。

きっといつも一緒に遊んでた○○だけが助かったことが、許せなかったんだろうね…。

気の毒だったわ…」

今も忘れられない悲しい出来事。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ