短編2
  • 表示切替
  • 使い方

夜の保育園

以前『公衆トイレ』を投稿した者です。

今回ご紹介させて頂く話は、

私の友人が体験した話。

毎回、実体験でないのが申し訳ないです。

ここから彼女目線で話させて頂きます…

私は関東で働く彼と

遠距離恋愛をしています。

色々な諸事情があり、

普通のデートが出来ない状況でした。

ある夏の夜。

彼が地元に帰ってきたという連絡を受け、

次の日は私の会社があるという事もあり

地元の保育園の駐車場に車を止め、車内で話していました。

時刻は夜9時〜0時。

(そんなに夜中ではなかった)

駐車場にひとりの男性が

小走りで入ってきました。

ジョギングでもしてるのかな?

とその時は思ったのですが、

少しづつ車との距離が縮まり、

私は反射的に鍵をかけました。

男は車の前まで来ると速度を落とし、

車内をジィーっと見て行きました。

気持ち悪いなぁ

とは思いましたが、

こんな所に車を止めているから

怪しまれたのかな?

とも思いました。

男性はそのまま、

保育園の奥にある園庭へと走り去って行きました。

しばらくして運転席にいる彼の上に、

対面になる形で座り

キスしたり、いちゃいちゃしていました。

ふと…見られている気がして

助手席の方を向くと

お婆ちゃんが窓に両手を付いて

息がかかる位の近さで

車内を覗いていました。

私は『ひっ』と

小さく声が出てしまいました。

お婆ちゃんと見つめ合う事十数秒…

何を言われるでも、されるでもなく

お婆ちゃんは園庭の中へ

入って行きました。

ほっとしたのもつかの間、

よく考えると変なのです。

駐車場の奥に、保育園。

保育園の奥に、園庭。

園庭の奥は?

園庭は園児が出ない様に柵に囲まれて

柵の向こう側は雑木林です。

なんで、こんな時間に?

さっきの男の人はまだ帰ってこないの?

そんな事もあり、

その日は別れたそうです。

彼は『気にすんな』と言ってたみたいで、

彼女自身も驚いた体験だったと

笑って話してくれました。

怖い話投稿:ホラーテラー あこさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ