短編2
  • 表示切替
  • 使い方

自転車の男

中学二年の七月の話です。

その日は、ちょっと外食でもしようかという事になり、家族で出かける事になりました。

当時使っていたのは大型のワゴン車で、父が運転席、私が助手席、母が後部座席に乗り、出発しました。

少し車を走らせた頃、橋にさしかかりました。

この橋は、大きい川に架かっているので、100m以上の長さがあります。

その橋のちょうど中心に車がさしかかった頃でしょうか、自転車に乗った男がこちらにむかって走ってきたのです。

その男は、茶色っぽい布を顔に巻きつけていました。

私は、その男がなんとなく気になったのですが、そのまますれちがいました。

そして、そのまま車を走らせて橋をもう渡り切ろうとした所で、今度は、高校生の男の子が自転車に乗って来ました。

その瞬間、私は異変に気づき、後ろを振り返り、さっきの自転車の男を探しました。

と同時に、母も同じく異変に気づき、声を上げて後ろを振り返っていました。

私と母が気づいた異変…

それは、さっきすれちがった自転車の男…

とてつもなくデカかったのです!

その高校生を見て気づきました。

そうなんです、自転車に乗った人は大体この高さに見えるはずなのです。

それが、さっきの男は倍の大きさがありました。

ちょっとやそっとのデカさではないのです。

倍です。

つまり、3m以上あった事になります。

そんな巨人が普通の自転車に乗っていたのなら、ひどく不格好になるでしょう。

しかし、そうではなかったので、自転車もそれに対応してデカかったのでしょう。

考えてみると、真夏だというのに、布を巻きつけていたのもおかしいです。

しかも長袖長ズボンでほとんど肌は見えていませんでした。

それより、もっと不思議なのは、振り返って探した自転車の男の姿がどこにもありません。

自転車のペースから考えて橋を渡り切るのは不可能です。

一本道の橋の上で死角になるような所はどこにもないのですから。

…私が見たあの男は一体何だったんでしょうか。

その橋を通る度にその事を思い出します。

怖い話投稿:ホラーテラー びんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2890
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ